2013年06月13日

6月のお弁当


5日は6月度のお弁当の日でした。

先月のジャッキーでやりきった感満載だったワタクシ。
(自画自賛ですが、あれは良く出来た気がする)

早くない?今月。という感覚。。
こういう時は何を作ってもイマイチな出来になる事が多々。
どうしようかな〜と思って選んだのが、GWにともかさんと
2人で映画を見に行った「はなかっぱ」

P1001165.JPG

〇ご飯   はなかっぱ
        麺つゆで若干色をつけてます。
        頭の葉っぱはキュウリ。お花はハム。
        ほっぺはソーセージ。口?はプロセスチーズ。
        目等々は海苔です。

〇おかず  ・ソースカツ
       ・ウインナー 2本(真ん中にコーン)
       ・キュウリ入りちくわ 2つ
       ・プチトマト 1つ
       ・ブロッコリー
       ・たまご焼き

〇デザート ・ぶどう(デラウエア)別ケース

言い訳すると、見本にネットから印刷しておいたはキャラ弁の
なかっぱには結構似てるのよ。
でも、アニメのはなかっぱをちゃんと検索してみると、似てない(笑)
そりゃー寝起きのともかさんに「なに?アンパンマン?」と言われても
仕方がないか・・・(結構傷ついたワタクシ)

さすがにちゃんと見て頭の花に気付いてからは、すぐに「はなかっぱだ!」
って言ってくれたけどね。。
それでも、気付きのポイントが顔ではなく頭の花(笑)

posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

保育参加3


保育参加3
これで終わりにしたい(笑)

ホールに移動を始める時、それまで離れていたともかさんが
そっと寄って来て「ママと一緒にお昼は食べたい」と。
もちろん!ママもそのつもりで参加してますし。
「いいよ!」
と、答えてみんなでホールに移動。

お昼を食べるテーブルは真四角のテーブルが4つ。
一辺に2人ずつ座る感じで、ひとテーブル8人がけ。

ここで問題勃発!
大人からしてみたら、同じ辺の間隣も隣だけど、角を曲がった
席も隣じゃないですか。
でもねー子供は違ったのよ。本当の隣だけが隣なの!

さっき、お隣がいい〜!!!と言っていた子供たち数人が
私の「真隣」の争奪戦を始めた(^^;

えっと・・・さすがにこの場合の真隣はともかさんなので
「同じテーブルならいいじゃない?」と諭してみたが
一人だけどうしても隣じゃなきゃいや!!という子がいて・・・
「ともちゃんママと約束した〜!!!」と大泣き。

私もここは譲れないし困り果てていると、先生がその子を連れて
他の教室へ。説得しにいってくれた様子。。
もう、これは仕方がないよね。

他の子は聞き分けよく自分達のご飯を取りにいってもう
席に座っている。
ともかさんも自分もどうしたらいいのかって感じになっていたので
「お隣に座るからご飯の準備を教えて」と促してようやく
行動しだして。。。

おかずとご飯、味噌汁、箸、お茶などを自分で取りにいって
自分で配膳して、座る。
揃った子からいただきますをして食べ始める。という流れでした。

この日はカジキのゴマ揚げ。
美味しかった!!
ゴマが嫌いなともかさんは「おかず減らしてもらってくる」と言って
半分に減らしてもらってた(笑)
知らなかったけど、嫌いなおかずの時は半分は頑張って食べる。
後は食べる前に減らしてもらうそうで。まあ、しょうがないね。
ゴマは確かにいつもは全然食べないんだから、半分食べるだけでも
上出来です。

ご飯を食べ始めても、さっきの子と先生が戻ってこない。。。
どうしようかなーと思っていたら、まだ泣きながら帰ってきた
その子が先生に促されながら私のところへ。

「ともちゃんママ、次の時は一緒に食べてください!」

と。泣きながら言って来て。
実は、この子はもう何年も前からともかさんに怪我をさせたり
してきた、自己中心的な女の子。(他の父兄からの評価もそんな感じ)
その子が、こんな事言えるようになったんだーと思ったら
私も急に涙が出てきて・・・もらい泣きも半分あったけど、いきなり
すごい泣けた自分にびっくり(笑)

0歳の時から見ているので、同じクラスの子達は自分の子供のように
成長が嬉しいねー。
その後、同じテーブルで昼食を。

終わった子達からお片づけをして、お部屋に戻って歯を磨いて
パジャマに着替えてトイレを済ませてお昼寝です。

私はともかさんが苦手なおかずだったのでとろとろ食べていたので
最後まで付き合い、その後、パジャマへの着替えなどを手伝って
ここで保育参加終了。

みんなに「トントンして〜〜!!」とここでも大人気だったけど
手は2本しかないので、ともかさんとそのお隣の子をトントンし。。
でも、寝ないんだよね〜。これが。
結局午後の予定に間に合わなくなりそうだったので、途中で退散。

入り口まで送ってきてくれた先生に
「さっきはすみませんでした。あんなに大ごとになっちゃって。
 自分ももらい泣きにびっくりでしたが」
と。
「いえ。こちらこそすみません。
 ともちゃんのママなんだから、お隣はやっぱりともちゃんだよね。
 泣いていろいろ言われて、ともちゃんママは嬉しいかな?
 今度また保育参加をしてくれるって言っていたから、その時に
 お隣にしてもらったら良いんじゃない?
 って話を別室でしたんですよ。すみませんでした」
と言われました。
それで聞き入れて私に謝りに来れるなんて本当に成長したなぁ。

その晩、「今日はママ、○○ちゃん(泣いた子)があんなに大泣き
したのに、次はって言えるようになってびっくりしたよ」と
言ってみたら、ともかさんは
「次はママのお隣譲ってあげる。ともかはパパでいいよ」
だそうで。子供たちはみんな成長してますね。

そんな感じで、今年度の保育参加は終了しました。
posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

保育参加2


さて、保育参加の続きを。

お誕生会から部屋に戻ると、翌日近隣のケアセンターのおじいちゃん、
おばあちゃん達との交流会があるので、そこで交換する為に旗を
作ると言う。子供たちの保育園の旗は赤。
そこに思い思いの絵を書いて、交換するんだって。

P1001114.JPG
テーブルの真ん中にある箱はクレヨン。
色分けされた箱に途中まで使ったクレヨンが集められています。
可愛い入れ物ですよねー。


お隣は、一番の仲良しのお友達。
絵は、女の子はお花とかハートとか、可愛い女の子の絵が中心。
男の子はともかさんと同じテーブルの3人はみんなでカブトムシと
クワガタを書いてました。さすが年長になると結構みんな上手で感心!

絵が書き終わると、自由時間。
カプラ(気の薄い積み木を積み重ねていく遊び)やおままごとを始めたり
みんな思い思いの遊びに。
そんな中、ともかさんはのぼり棒へ。

ともかさんたちのクラスは2年前に建った新棟にお部屋があって、教室内に
のぼり棒があるんですよねー。
ここを上って子供たちは中二階みたいなところで遊んだりしています。

ともかさんは昨年この教室に移ってきてから結構早いうちに、のぼり棒に
はまり、毎日やっていたようであっという間に上れるようになったとか。
同じクラスの子のお母さんに
「ともかちゃん、クラスで1番最初位に上れるようになったんだよ」
と言われて、ビックリ!
他のお母さんは私が上れる事を知らなかった事にビックリしていたけど(^^;

P1000964-1.jpg
実際この日に上っている様子を見て納得。
写真右側がともかさんですが、左側の子と一緒に上り始めたのに、写真の通り
一気に差がついて、ともかさんだけスルスル〜っと中二階に消えていきました(笑)

その後、ともかさんは中二階で読書に入ってしまったようで降りてこず(笑)
私は、他のまだ上れない子の相手をすることに・・・
「ともちゃんママ、見ててね!」と何度も言われ。はい。はい。頑張れって
感じで、かなりの時間、他の子のお相手を・・・(^^;

その後、昼食まであと少しの所で、先生がみんなを招集。
「屋上で『猛獣がりにいこうよ』をしまーす!」と。
モウジュウガリニイコウ?????

完全に「??」って顔をしていたんでしょうね。私。
先生が「ご存じないですか?」と、わざわざ私の為に説明してくれました(笑)
何でも、鬼(今回は先生)が「猛獣狩りに行こうよ。猛獣狩りに行こうよ」と
言った後に動物の名前を言うので、その文字数の数の人数の輪になって座る
と言うゲームです。

子供たちは元気に「猛獣狩りに行こうよ♪猛獣狩りに行こうよ♪」と歌いながら
歩き回り、先生が「ゴリラ!」とか言うと、3人組になって座ります。
で、あぶれてしまうと、「次。頑張ろうね〜!」と全員から言われる(笑)

これがまたワタクシ大人気でして(笑)
絶対に私と一緒になろうと、猛獣狩りに・・・と言いながら、ずっと私の真横に
いる子とかいるわけよ。
で、1回目が何の動物か忘れたけど、みんな人数になって座ったら、
初めて保育参加したおじいちゃんが残っちゃったんだよね。
どうも、普段からお迎えとか来たことがなくて、子供たちとも全く馴染む
感じがないおじいちゃんで・・・
(そのおじいちゃんの孫も、普通はおじいちゃんとペアになるだろうと
思ったけどね(笑))

で、次が2文字の動物だったのよ。そしたら、まあ普通だったら私はともかさんと
ペアになるわけですが、他の子がガッチリ、ワタクシをガード!!!
あっ、どうしよう…と思ったら、それをチラッと見て確認したともかさん、
自ら、また一人になりそうになったおじいちゃんの所に走っていって、ペアに
なって座ったんだよね。
まだ、他の子供とかたくさん残っていて、これから相手を探そうとしていた
タイミングだったのに、おじいちゃんがまた1人になったらかわいそうだと
思ったようで、自分からおじいちゃんの手を取って座った姿に、我が子ながら
「優しい子に育って良かったな〜」と思ってしまった(^^;

その後も何回かやったけれど、常に私は他のお友達にガードされていて
ともかさんとは余り一緒になれず。。
時には子供が余りそうになると、わざと私が外れて子供たちだけで座らせたり。
気を使いながらも、子供たちと走り回るのもたまには楽しい。
P1000989-1.jpg
ただ、写真の通り、お天気が良くてねーー。それだけがきつかったわ。。。

そして、お昼!
「ホールへ行きましょう!」となって(お昼はホールでみんなで食べる)
このゲーム中に私をガッチリガードしていた子供達(女の子が中心)に
「ともちゃんママ、一緒に食べよ♪」と言われて。
まあ、いくつかのテーブルに別れて座るけど、確か人テーブルに7〜8名
座るから大丈夫だなと思って「そうだね。一緒に食べよ」と約束。

が、これがいけなかった・・・
「お隣に座る!」と言ってきた子が数名いたから「うーん。ともちゃんとも
食べたいから座れたね〜」と言ったんだけど、子供たちの耳には届かず。。
ランチ前にひと悶着が!!!

あー細かく書きすぎるんだな。私は。
またまた長くなったので、3へ続く(笑)

posted by もえ at 23:44| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

保育参加1

ずいぶん話は前後しますが、5月14日(火)にともかさんの
保育園生活最後のお誕生会があったので、行ってきました。

ともかさんの保育園は保育「参観」ではなく「参加」です。
一緒に子供たちと遊ぶわけです。

今年は旦那が仕事を休めなかったので、私1人で参加。

9時ごろ登園すると、すでにみんなは思い思いの遊びをしていて
ともかさんと一緒にいると、さすが6年目のクラスメイト。
みんなが「ともちゃんママ、今日、保育参加?」と言いながら
寄ってきて、「あれ見て!」「これ一緒にやろ〜」と
すっかり慣れていて、ワタクシ大人気(笑)

私が他のお友達に拉致されて、その子達の作品を見せられたり
公園でひろった大事な石をプレゼントされたりしてる間に
ともかさんは黙々とお絵かき。
何を書いているのかと思ったら、私の似顔絵だった。
ともかさんがその絵をプレゼントしてくれると、周りで
一緒に書いていたお友達もみんなプレゼントしてくれると言う。
うーん・・・そんなに要らない・・・とは言えない(笑)
ありがたく頂いて持ち帰ってきました。

そのうち、先生からお片付けをして集合するようにと指示が。
先生の周りに集まって座ると、当然ともかさんは私の隣に。
反対側にも違うお友達がぴったり座る。
すると、あるお友達が私とともかさんの間に割って入ってきた!
それも、上から強引に入ると言うすごい技。。。
ともかさんははじき出され・・・仕方がなく、私の前に来てヒザの上に
座ろうとしたけれど、私に
「みんなはお膝の上になんて座ってないよ」
と諭されて、私の前に座ったものの・・・やっぱり自分のママなのに
隣に座れない事に納得がいかず。
集まりが終わって、お誕生日会だ始まるからホールに移動となったら
「お隣が良かったのに」と泣き出してしまって・・・。

その間にもさっき私の隣に割って入ってきた子は、私にぴったり。
背中に乗ったり、「ともちゃんママ〜一緒にホールに行こう!」と
手を繋いできて。。
他人の子を無碍にも出来ず、かと言って泣いてしまったともかさんの
気持ちもわからないでもない。。
困った・・・さすがに先生が見かねて私に引っ付いていた子に注意を
してくれて、何とかホールまでともかさんと移動したんだけど。。。

最後のお誕生会なのに、ともかさんは泣いた後なのでテンションも低く
笑顔もなし。。。あーあ。私が悪かったのかな〜。

お誕生会はホールのステージに5月生まれの子が並んで順番に
祝ってもらう。
昨年は、年長さんを見て「1年違うとこんなにもちがうのかしら?」と
思うくらいに、ともかさんたちが幼く見えたんだけど、今年は
同じ5月生まれの男の子とともかさんの2人は、誰が見ても最上級生の
風格を備え、りっぱなお兄さん、お姉さんになっていました。

「たんたんたんたんじょうび〜♪ 朋香ちゃんの朋香ちゃんの誕生日」

と歌ってもらっている姿を見て、ああ・・・これも最後かぁ。と
感慨深いものがあり。。
6年間って長いと思っていたけれど、本当にあっという間だったな。

ちなみに頂いたバースディカードはこちら。

一人ずつインタビューされるんだけど、今年は好きな食べ物を聞かれ
「さくらんぼ!」だそうです(^^)

お誕生会が終わると、また教室に戻ってお遊びです。
ここから、同じ5月生まれの男の子のおじいちゃんが保育参加。
何でも両親がどうしても仕事を休めなくてお誕生会だけ見に来ていて。
でも、保育参加をして欲しいと子供が引かないから、おじいちゃんに
頼み込んだとか。どこの家も苦労してるね(笑)

長くなったので、2へつづく。
posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

6歳になりました


ちょっと遅くなりましたが21日でともかさんが6歳になりました。

130519_015-1.jpg

「子供が欲しい」「赤ちゃんを産みたい」そう思ってから11年。
11年前のちょうど5月。私は勤続10年のお休みを会社から貰い
主人と、ラスベガス、グランドキャニオン、カリフォルニア等を
10日間近くかけて旅行しました。
今もそうですが、勤続10,20,30年でうちの会社は長期休暇を
取れるんです。だから、10年の勤続記念休暇で海外旅行をしてから
子供を作ろう!と決めていたのです。

まさかそれから子供が生まれる迄に5年かかるとは思っても
いなかたったし・・・

主人とは同い年夫婦。そんなに年もいっていないしすぐに授かると
思っていたら・・・
でも、私は子供が産めない体なんじゃないかと、いつの時からか
漠然と思っていた事もあり、それが現実だったら困るので、その1年度
まさに10年前の5月に不妊治療専門のクリニックに通う事に決めました。

そう考えると、5月って私たち夫婦にとっては子供にまつわる
ターニングポイントになる月だったのかも。
(結婚記念日も5月だけど、それと子作りは無関係だったような)

不妊治療専門クリニックに通いだしてから5年後、やっと私たちの
元にやってきてくれた赤ちゃんは、元気に本当に元気に育ってくれて
6歳になり、毎日「ママが好き〜♪」「ママが良いのー」と言ってくれる
可愛い娘になりました。(超親ばか(笑))

130519_045-1.jpg

本当はこの可愛いお嬢さんの一番の願いだった「弟か、妹が欲しい」を
叶えてあげたかったけれど、やっぱり実現してあげられそうもないので
母は、あなただけを一生かけて大切に大切に育てる事に決めました。

一度だけ、兄弟を欲しがるともかさんに
「パパとママも本当はもっと赤ちゃんが欲しかったけれど、なかなか
 出来なくて、ともちゃんに兄弟を作ってあげるのは難しそうなの。
 その代わり、ともちゃんだけを大事に育てるから許してね」
と言ったことがありました。
まだ4歳だか5歳になったばかりの頃だったか。
そんな小さな子供にそんな事を言ってもと思うでしょうが、本当のことを
ちゃんと伝えてあげたいと思っていたから。

でも、私の想いがきちんと伝わったのか、あれ以来一度も私たちに兄弟が
欲しいとは言わなくなったともかさん。
本当に偉いと思う。出来すぎの娘です。

6年前のあの日、私たちをパパとママにしてくれてありがとう。
あなたが私たちの元に生まれて来てくれたおかげで、勤続20年のお休みは
家族3人でハワイ旅行に行けて、パパもママも幸せでした。
30年の時はあなたは15歳。受験でそれどころじゃないかもしれないけど
また家族みんなで旅行に行けると良いね。
そこまで私が働けるかも、大問題だけど(笑)

130519_019-1.jpg130519__057-1.jpg

6歳のお誕生日 おめでとう。


posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

スイミング


先日スイミングのお試しレッスンに行ってきました。

ヤマハのレッスンが午後になったので、土曜日の空いた時間を
有効に使えないかと思い、ともかさんにいろいろ新しい習い事を
お勧めしてみたんだけど・・・

「水泳もバレエもダンスもどれもやらない!ピアノだけで良い!」

と頑なに新しい事を始める事を拒んでいたんだけど・・・
ちょっと太った事を気にしている旦那に、子供と一緒にジムに
行ったら良いんじゃない?とお勧めしてみて、旦那からともかさんを
スイミングに誘うように仕向けてみた(笑)

「ともちゃ〜ん。パパ、太っちゃったからジムにまた通おうかと
 思うんだよねー。ともちゃんもスイミングやったら一緒に
 行けるから、行こうよ!」

と旦那が数回誘ってみると、後姿のともかさんが頷いた!
え?!今、頷いた??
「ともちゃん、スイミング行くの?」
と、確認してみたら、振り返って「いいよ」と。
あら。気が変わったのね!このチャンスを逃してはいけないと
早々に体験レッスンを申し込んだわけです。

日曜の朝9時からの体験レッスン、この日は男の子2人と女の子3人。

まずはプールサイドに並んで、水浴びから。
少し水になれたところで、腕に浮き輪をつけて入水。

P1001140.JPG

男の子2人は1年生と年長さんくらいの子で、女子組に比べて
明らかに水泳慣れしていて、途中から腕の浮き輪を外し、腰に
発泡スチロールの丸いの(何て言うんでしょう?!)をつけて
どんどん先生が言う事を楽しんでやってたな〜。

ともかさん以外の女子は3歳位の子で、水怖くないんだ?って
位小さい子で可愛かった〜!!
ともかさんは、まあ年相応な感じで一応頑張ってはいたけれど
先生が言う事に対して、「いや」と言ってやらなかったり、
もっと出来るはずなのにすぐに諦めたり。。。
うーん。と親としては唸ってしまうような場面が多々ありましたが
本人はいたって楽しそうで。





同じ保育園のお友達が3人、習っている事もあってともかさんは
もうすっかり通う気満々。
まあ、スイミングも人気がある習い事の一つだし、体を動かす
事は良い事なので、とりあえず入会して頑張る事にしました。

パパママ会員という制度があって、どちらか一人なんだけど、
子供が入会していると会費が安くなってジムに通えるので、
早速旦那も入会。
2人でがんばってもらいましょう!

後日
「ママ、何で今までスイミング、行かないって言ってたか知ってる?」
と、ともかさんに聞かれ
「知らない。何で?」
と聞いてみたら
「途中から入るのがイヤだったから」

やっぱりねーーー。
そうじゃないかなとは思ってた。既に出来ている輪に入っていくのが
苦手なともかさん。それは5年以上通っている保育園でも、ちょっと
遅れていくと、もう私から離れられない。。
だから、きっと新しい事をしたいと思っていても、既にみんなが
習っているところに後から入るのがイヤなんだろうな〜とは思っていた。
でも、それを自覚してきちんと伝えられるようになったって事も
成長だね。

6月からスタート。頑張ってね!
posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

5月のお弁当

5月のお弁当の日は10日(金)でした。
この日はバスに乗って、市民の森まで遊びに行きました。
最上級生になって、行事も増えて子供たちも楽しみが
増えている様子。

3月に行ったスキー場で、ともかさんをスクールに入れたら
「くまのがっこう」のキャラクターを使用していて
ジャッキーチーム、チャッキーチームなどに分かれていて
とても可愛く。ともかさんもすっかり好きになって、絵本を
買ったりしていたので、今回のお弁当はデイビットに!
(主役のジャッキーのボーフレンド)


P1001107.JPG

○ご飯
  デイビット
   ・顔の部分サケフレーク入り
   ・耳は塩握り(上のピンクのはハム)
   ・顔は目鼻は海苔。鼻の黄色はチーズ。
    点線(?)は白ゴマです

○おかず
  ・肉団子 2つ(串刺し)
  ・ウインナー 1本(花型 真ん中はコーン)
  ・野菜(ブロッコリー、トマト、にんじん)

○デザート(別の容器)
  ・アメリカンチェリー 6個

お弁当の日は夏日になりそうなくらい暑い1日でした。
上着を着ないからと思って長袖Tシャツで行かせたんだけど
汗びっしょりだったみたい。
着替えも保育園にあったのはトレーナーで・・・ごめん。。

お茶も一滴も残ってなかった。ちょっと水筒が小さいかな〜と
気にはしていたんだけど。本人に聞いたら、足りなかった!
喉が渇いたけど我慢したと。
うーん。先生も予備のお茶なんて持ってないよね。ごめん。ごめん。
これから益々暑くなるから、新しい水筒を買いに行かないとね。
posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

お習字

GWは10連休でした。
が、あっという間に終わってしまい・・・旅行にもちょこっと行きましたので
長くなりそうなそちらは後回しで(笑)

ともかさんの保育園、最上級生だけが月に1回、お習字の時間があります。
今年最上級生になったともかさんは、先月からお習字が始まりました。
先生がいらっしゃって指導をしてくれます。

「黒い服か汚れても良い服を着てきてください」
という指示のとおり、お習字の日はクラス中が真っ黒です(笑)

今日、2回目のお習字でした。
先月はすずり、ぶんちん、等々のお習字関連の物の名前を習い、
横棒「一」を書く練習をしたようです。
ようは漢字の一ですね。
書かれたお習字は張り出されていたようですが、私がその間にお迎えに
行く機会がなく、見逃してしまった・・・

今月は縦棒です。
横と縦を足して漢字の十になったようで。
それプラス、自分の名前を書いたそうで、早速張り出された写真が
こちら。



縦棒は最後は止めないではらう様に習ったんじゃないかな?とも
思いますが、まあまあの出来では?←基本親ばかですから(笑)

私もお習字は小学校2年生から習っていました。
性別問わず字は上手な方が良いから、もう少し大きくなったら
お習字は習ってほしいと思っているので、よいきっかけになると
良いなと。
ともかさんが習いだしたら、私も一緒に習おうっと!
小筆が達筆になりたい!
posted by もえ at 23:45| 神奈川 | Comment(2) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

・・・


先週、保育園のお友達のお父さんがお亡くなりになりました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130422-00000561-san-soci

筋委縮性側索硬化症(ALS)という病気を発症されたのが、
ともかさん達がまだ3歳になったばかりの7月(約3年前)。
私たちクラスメイト保護者に、その病気の事が告げれたのは翌年の3月。
3歳児クラスの終業式の後の懇談会の場でした。

上記の記事の通り、トレッキングをした経験を記事にされたり、講演会を
行っている方だったので、60歳を過ぎている子供たちの保護者としては
高齢ではあるけれどいつも元気なパパが、教室に杖をついていらっしゃいました。

いずれわかることであるし、杖をつかないと歩けなくなってきたので
今の内にお話をしておきたいと言うことで、どういう病気にいつからかかり
今後どのように対応していくつもリカを、ゆっくり丁寧にお話してくれました。

「歩くことを仕事にしてきたから、人一番自分の筋肉には敏感で、
 これは何かおかしいと思い病院に行ったところ、ALSと診断されたのが
 去年の7月でした」

と。。
実は私は今から10年ほど前の職場で、この病気にかかられて闘病の末
お亡くなりになられた方がいらっしゃって、病気の簡単な知識や進行したら
どうなるのかなどを理解していました。
だから、病名を聞いたときにはなんと表現してよいのかわからない気持ちが
込み上げてきて・・・奥さんの方を見たら、既に目にいっぱいの涙を浮かべて
いらっしゃって。

説明後、園庭でお父様と少し話をできたので、実は同僚で同じ病気に
かかられた方がいた事をお伝えし、最後の最後まで会社に来られて頑張って
いた事もお伝えしました。(その方は、最後は車椅子で毎日奥様が専用
タクシーで送迎をされ、会社でも部下が付きっ切りでお世話をしていた。)

「その方は呼吸はどうされてた?」
と聞かれて(喉の筋肉が動かなくなるので)
「喉に穴を開けて呼吸器をつけていらっしゃいました」
と答えると
「そうか・・・いずれは呼吸が出来なくなって死ぬ。それを防ぐ為には
 そうやって呼吸器をつけるしかないんだけど、それをするとほとんど
 動けなくなってしまうから、妻の負担を考えると踏み切れない。
 ただ、子供が小さいからね。少しでも長く生きてあげないと・・・と
 思うと難しいところだよ」
という会話をしたことが今でも忘れられない。

病状は医師も驚くくらいに進行が早く、あっという間に身体の自由が
きかなくなり、寝たきりの生活にずいぶん早くからされていたと思う。

奥さんが育児に介護で本当に疲れていたので、保育園のクラスメイトの
4家族で毎週水曜日に当番制で、保育園からお子さんを一緒に連れて帰り
ご飯を食べて、お風呂に入れ、後は寝るだけにして22時近くにお迎えに
来るお母さんに引き渡すと言うことを、丸2年くらい続けていました。

ともかさんは、お友達が家に来てくれるということが嬉しくて、進んで
お部屋の掃除もしてくれたし、帰るときもいつもの何倍もの速さで荷物を
まとめて帰り支度をしたり、「これ、○○くんが来た時に一緒に食べる!」
と準備をしたり、お子さんを預かることは大変ではあったけれども
それを上回る、交流が持ててよい経験にもなりました。

お子さんも私が作る夕食を見て「○○くんの好きなものばかり〜!」と
毎回言ってくれるような、気遣いの出来る本当に良い子です。
P1000476.JPG

この冬は肺炎にかかってしまい、それ以降なかなか良くならず、入退院を
繰り返されていましたが・・・奥さんが介護休暇に入り、毎日家にいられる
ようになってからたったの1週間で逝かれてしまいました。

「これからは2人きりになってしまう」とお別れに伺った時にママが
言っていましたが、クラスのみんなで盛りたてて支えていけたら良いなと
思っています。

お子さんのこと、お仕事のこと、心残りはたくさんあると思いますが
どうか安らかにお眠り下さい。
ご冥福をお祈りいたします。

posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

ヤマハ 幼児科修了


昨日(4/20)に無事、ともかさんがヤマハの幼児科を修了しました。
先生から、修了書を頂きました。

1366590395376.jpg

「このクラスは親御さんも単なる付き添いではなく、一緒に学ぶという
 姿勢でたくさん協力して頂き、また昨年度はコンクールにも出席し
 一つでも多くの思い出が出来て、とても授業のやり易いといっては
 いけませんが楽しいクラスでした」

という先生の最後の言葉があり、「おんがくなかよしコース(3歳児クラス)」
「幼児科(4~5歳児クラス/2年間)」の3年間に及ぶ、グループレッスンが
修了しました。

5月生まれという、学年の中では月例が高いといっても、1学年上の子たちに
混じっての、レッスンはやはりそれなりに大変であり、ともかさん自身は
本当によく頑張ったと思います。
まあ、普段は練習嫌いのため、私に怒られてばかりで、余り直接ほめて
あげたことないんだけど・・・本当はちゃんっと認めてるってこと、本人に
伝えてあげた方が良いんでしょうね(^^;

次は、小学生と一緒のジュニア科に進もうかと思っていましたが、現担任が
難色を示したこともあり(学年にあったクラスで進学すべきという理由)
他のクラスで新しい先生、お友達の中にポンと入ってやっていける性格では
ないことから、個人レッスンを選択することにしました。

個人としてはピアノ個人の体験レッスンを受けてみたところ、その先生は
ともかさんの苦手なところとちゃんと出来ているところを理解してくれて
(たった30分なのに!!)今後の方針も明確にしてくれたので、この先生に
と思っていたのですが、土壇場でともかさんが「さおり先生(現担任)に
習いたい」と言い出しまして・・・。

現担任はエレクトーンが専門であること、ともかさんに対してはかなり
厳しい先生であったこと(他のお母さんも言っていたけど、まじめすぎて
子供たちの間違いや出来ないことを、おおらかに見守ることが出来ない感じで
やはり出来る子を中心に見てるような気がする)などがあり、私としては
この機会に別の先生にと思っていたんですが・・・

「さおり先生は、ともちゃんもわかっていると思うけど、厳しいよ。
 大丈夫?出来なかったら怒られると思うよ」

と、聞いてみたのですが

「ちゃんと出来たら、ほめてくれるから」

と言って本人は大丈夫だと・・・
まあ、内弁慶で相手と打ち解けるのに時間がかかるともかさんが、私から
してみたら怖いと思う先生でも頑張れるというのであるから、だったら
その先生にもう少し、歌、和音などを中心に個人でお願いできないかと
思い、相談してみました。(実際、歌は上手だと思うしね)

20日の夕方に個人の場合の体験へ。

「まだ幼稚園なので、ピアノ、エレクトーンと選ぶのではなくて、音楽
 全体を学んでもらいたい。
 弾くことはだいぶ出来るようになってきたけれど、和音も苦手だし、
 歌も声はだいぶ出るようになったけど、若干音程がずれている所もある。
 専門コースに進むと歌は無くなってしまうのが非常に残念」

という私の希望を先に伝えると、先生は
「私もともかちゃんが体験に来てくれるということで、1週間いろいろ
 考えたのですが、エレクトーンの教科書を見てみると、次に進むと
 エレクトーンの新しい勉強が出てきて、せっかく覚えた和音等が
 混乱するのではないかと心配。
 ピアノとの違いがあるので、どうすべきか考えたが、幼児科の
 教本を使って、もう少し深く練習をしたり歌ったり、和音を覚えたり
 グループだったら出来なくても何となく終わってしまっていたことを
 個人でしっかり身につけたらどうでしょうか。
 確かに歌は、専門に進んでしまうと全く終わりですよね」

と思うと提案され。
一応方向性は一致したので、今までの担任に、5月から個人レッスンで
みてもらうことに決まりました。

小学生に上がる頃、ピアノに変えたらいいかな〜と漠然と考えている。

いろいろ相談していた受付の方には「将来的にピアノの方に進むつもりで
あるのなら、今からピアノの個人に行ったほうが良いと思いますよ」と
言ってもらったんだけどね・・・本人の希望が一番だしね。。

ここ数ヶ月悩んでいた事が決まり、ちょっとすっきり。

まあ、個人になった分、ともかさんは試練が増えそうだけど頑張れ(笑)

土曜日の午前中が空いたから、他に何か習わせたいんだけど、本人は
ピアノだけでよいというご希望。
英語、バレエ(体がものすごく柔らかいから)、水泳等考えていたけれど
本人がやりたくなったらにしますかね。
posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。