2014年10月15日

個人面談


初の個人面談があったので、忘れない内に記録。

今回は9月11日より新しい担任になった先生と、前の担任が
休み始めた7月当初からずっと子供のクラスをサポートしてきて
くれた先生(共に30代後半)の2人と、親1人のパターン。

新担任より席に座るか座らないうちに話が始まり。。
(既に忘れ始めているので箇条書きで(笑))

○こちらの言うことを本当によく理解していて、回りのことも
 よく見れていて、先をよんだ行動ができるしっかりした
 お子さんです。

○今は席が一番後ろだけど、それでもしっかり聞けていて、
 よく理解できすぎていて、少し可哀相かなとも思います。
 それで相談を受けたりもしてますが。

→ 理解できすぎて可哀相??相談?と思い、何を相談したのか
  ここで質問してみた。
  回答:たとえば、今授業中は、お話して良い子は問題に答える
     1人だけと決めているが、どうしてもみんなお隣の子と
     おしゃべりをしたりしてしまう。
     ともかちゃんは、その約束を守って授業をしっかり聞きたい
     のに、廻りの子に話しかけられてしまってそれが出来ない。
     どうしたら良いかと相談があったので、まずは自分で
     授業中はお話しない約束を守りたいとお友達に言ってみたら?
     と、自分で言わせて、ダメだったら私が言うつもりでしたが
     うまくいって、全体的にも私語が減ってきています。

  らしい・・・ドンだけ優等生なんじゃ??ともかさん。
  母は、小学生の頃、おしゃべりしすぎて煩いと注意されてましたけど。

○勉強もよく頑張っています。字も上手ですし。計算もとても早くて正確です。
 (字は私に注意されて何度も書き直してますが…)

○ひとつ気になることは腹痛です。
 お腹が痛いと言って来る事が多く、朋香ちゃんの場合本当に辛そうで
 顔色が悪いこともあり、保健室に行かせたり、トイレに行ってみたら?と
 促しています。ただ、たまに明らかに次の授業が嫌だから??という
 感じで腹痛を訴えてくる子もいて、先日朋香ちゃんと同じタイミングに
 腹痛を訴えてきた子がいて、ともかちゃんは本当に痛そうだったけれど
 その子は違うな・・という感じだったので、頑張ってみようかといって
 保健室に行かないで頑張ったことがあるんです。で、結局そのまま
 一日頑張れたので、帰りに私が「今日は頑張れて偉かったね〜」と
 褒めたんですね。そしたら、それを朋香ちゃんも見ていたんですが
 翌日から全く保健室に行かなくなったんですよ。
 腹痛を言ってくる日はあるんですけど、保健室には一度も行っていない
 んですよ。

→ ええ??ともかさんわかりやすく、仮病?と思い「わかりやすいですね」
  と私が言ったら、先生が慌てて

  「私も頑張ってみようって思ったんじゃないかと思います」

  と、私の娘への批判的コメントを即効打ち切られた(笑)
  しかし、腹痛は私も気になっていた所。ある意味小学校に入って
  一番の気がかりといっても過言ではない。
  頻繁に保健室に行きすぎではないかということと、病院へ行った方が
  良いんじゃないかと思っていることも言ってみると・・・

  前の担任が辞めてしまってから、1組をずっとサポートしてくれていた
  先生より「ともかちゃんの腹痛はコミュニケーションの1つかな〜と
  思っています。私に会うとお腹痛いって言ってくるので、『私の顔を
  見るとお腹が痛くなるのぉ?』って言ったりしてます(笑)
  痛くないのに言っているわけではないけど、コミュニケーションの
  1つで、痛いと言って私達が、大丈夫?と返してあげることで少し
  安心したりするのかなと。
  保育園から学校に入ってやっぱりハードルは高かったと思います。
  保健室に行かなくなったのも、半年して慣れてきたんじゃないかな。
  実は今日、給食をそばの席で食べたんですが「今日ママ来るよ!」と
  言ってきたので、「知ってる〜!何は話そうかな。腹痛のことかな」
  と言ったら、それは言わなくていいと言われました(笑)」
  とのこと。

  確かに保健室の先生は、ちょっとぽっちゃりして優しい感じの先生で
  私とは真反対のタイプ。きっと、癒されてたんだろうな〜ともかさん・・


○私からの質問でお友達関係はうまく行っているか聞いてみた。
 回答:男の子がこんなことしてくる〜なんて言ってくることはありますが、
    女の子ともめることはないですし、他の子からともかちゃんが
    どうのなんて話は一度も聞いたことがありません。
    みんなとうまくやっていると思います。

 友達関係はやはり心配な所だったので、一安心。
 ここで、ずっとサポートしてきてくれた先生が「○ちゃんと一緒って
 いうのも大きいんじゃないですか?」と。○ちゃんとは保育園から一緒で
 ともかさんが夏休み前に仲間はずれっぽいことをされてうまくいかなく
 なっていたクラスメイト。
 今は仲直りしてうまくいっている様なので、どうしようかな〜と思った
 けれど、せっかくの機会だからと思って先生に

 「実は・・・○ちゃんとは7月あたりはうまくいっていなかったんです」

 と話してみた。今は仲直りしているから大事にはして欲しくないという
 ことをしっかり伝えたうえで、あったこと事実だけを伝えてみた。
 今は帰り道が一人というのも心配なので、学校側としては生徒達が
 どのように帰っているか把握をしているのかも合わせて聞いてみた。

 回答:放課後は同じ方向の子達で帰っているのかと思っていたので
    赴任以来気にしたことはなかった。
    1人で帰るのは危険だけれど、それ以上に「2人じゃなくちゃ」
    というのは女子の間でよく聞くこと。それってお友達が傷付いて
    いることに気付けていないはず。2人でも3人でもみんなで仲良く
    しなくてはいけないということを、固有名詞などは出さずにみんなに
    伝えてみようと思います。

 サポートしてくれていた先生からは
    ともかちゃんと○ちゃんがうまくいっていなかったことに、全く
    気付きませんでした。今日お母さんから聞けてよかった。
    入学した当初は、同じ保育園から来たんだよ!と2人で仲良く教えて
    くれたりしていたので、ビックリしました。
    今後の様子もしっかり見守っていきます。

 というような話になった。
 念のため○ちゃんのお母さんもご存知の話ではあるが、私からこの話が
 あったことは言わないで欲しいと口止めしてしまった(笑)

そんなこんなで15分のところを5分強オーバーして終了。

最後に新しい担任からは、
「本当にしっかりしていて、小さな先生ってことで「ミニ先」って呼んで
 るんです!「後はミニ先に任せた!」なんてお願いしちゃうことも」と。
 
 → えーーー世話焼きすぎて嫌われたりしていませんか?という質問に
  「そんなことは全然ありません。子供達は今はまだやってもらえることが
   嬉しい年齢ですし、ともかちゃんはそこまで押し付けがましかったりする
   わけじゃないですから。もしそうなら私が注意しています。
   ともかちゃんのすごいところは、自分のことは出来ていないのに人の
   世話ばかり焼いちゃう子っているんですが、ともかちゃんは自分のことは
   しっかり終えてから、他の子のこともみてくれるんです。
   本当にすごいと思います」
という事だった。なかなかえらいな。ともかさん。

サポートしてくれていた先生は
「会話もすごく大人で、大人同士で喋っているような会話をすることもあります。
 とにかく頑張っていると思います。本当に真面目ですよ」
とコメントされた。

腹痛は、私に怒られるからか最近では保健室に行っていることを言わなく
なっていたので、治まっているのかと思っていたが、続いていたことにびっくり。
でも、やはり精神的なところが大きそうなので、もうしばらく様子を見ることに。

それ以外は本当に頑張っている、超が付くほど真面目な学校生活を送っている
ようで、とても安心しました。

お腹が痛くなっちゃうのは可哀相だけど、とりあえず学校生活頑張れ!
posted by もえ at 14:41| 神奈川 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

夏休み終了

終わってみれば、あっという間だった小学校の夏休み。
お弁当作りも頑張った。
なるべく早く帰るようにも頑張った。
宿題も手伝ったし、朝顔の水やりも頑張った。

でも、やっぱり一番頑張ったのは、親が出勤した後、1人で時間になったら
テレビを消し、エアコンを消し、鍵をかけて学童へ行く。
そして、一日学童で過ごして夏休みを乗り切った、ともかさんだと思う。

お母さんが働いていない子は、一ヶ月強の夏休みを家で過ごし、長〜い
夏休みを満喫したことでしょう。
実際私も子供の頃は、夏休みは長くて楽しい毎日でした。
(両親共働きでしたが、母が仕事の日は祖母が留守番に来てくれていた)

でも、ともかさんが学童に行かず、家でずっと過ごせたのは私が夏季休暇
だった10日間のみ。
学校には行っていないけど、純粋な休みとは違うよな〜〜と、ともかさんの
生活を見ていて思ったワタクシ。自分の子供の頃と比べて、なんだかとても
可哀相なことをしているんだな・・・と罪の意識にさいなまれたわけです。

保育園の頃から夏も普通に登園するものと教え込まれてきた彼女は、
もしかしたら自分が可哀相だなんて、思ってはいないのかもしれないけれど
親としては複雑な気持ちになった、夏休み。

お友達との事、コメントありがとうございます。
学校が始まってどうかな〜と思っていたんだけど・・・
ともかさんに意思確認をしたら、お友達2人とは別の日程ではまっ子へ
行きたいと言うことなので、まぁしばらくは別で様子を見ようと思う。

夏休みの間に、もめていた2人の友達とは、別々に遊ばせたり、学童で
一緒になったりすることで、個別には何となくうまく行くようになっては
きたけれど、3人になったらどうなるかはまだわからない感じ。
女子3人って難しいけれど、何もこんなに小さなうちからこんなことに
悩まなくても良いのにねぇ。。

ちなみに、今年の夏休みは宮城蔵王に行ってきました。
車酔いが激しいともかさん。自分でもかなり不安だったようだけど
気持ち悪くなったら寝る!を実践し、吐いてしまったには行きの東北自動車道
1回のみ。それも自己申告がちゃんとできて、ビニールが間に合ったのでOK!

夏のスキー場ではゴンドラに乗り、鱒の掴み取りをし、バトミントンをして、
ゴーカートにも乗り、盛りだくさんの旅行を楽しみました♪

楽しい時間はあっという間に過ぎちゃいますね。

学校も始まり、日常生活に戻りました。
今年も早いもので残す所、4ヶ月。まずは秋の食欲に打ち勝てる強い心を
持って生活しよう(笑)

posted by もえ at 14:59| 神奈川 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月23日

続き


先日の話には続きがありまして…

その後ともかさんがお友達とうまく行っているのか、気になる母。
夏休み前の最終日。集団登校で列を成して学校へ向かって歩いていく姿を
自宅のベランダから見送ったワタクシ。

6年生の後ろに、1年生の2人。
4月の入学した頃は、確か手を繋いで仲良く登校していたと思う。
が、手を繋ぐどころか、私が見ていた限りでは一切言葉を交わすことなく
無言で登校…

うわ〜気になるではないか!!!
まさか、この間、私が子供の関係に口を出してしまったことで、親から
注意をされたりしてさらに子供の関係を悪化させてしまったのか???

放っておくべきか悩んだけれど、結局私が我慢できなくて、ともかさんに
「△ちゃんと話とかしながら学校に行かないの?」
と、その日の夜に聞いてみた。

「話さない」
と一言返事が。
「この間のママがメールを送ってから話さなくなったの?」
と聞いてみたら
「違う。もっと前から。7月5日から○ちゃんも△ちゃんも話さなくなった」
という返事。

は???無視されてるの?!
△ちゃんとは同じクラスだし中休みとか一緒に遊ばないのか聞いてみると
「△ちゃんは外に遊びに行かないから。ともかは外で遊ぶから別だし
 席も離れたから話さない」
という返事。あっ、接点がなくて話さないのか!とホッとしたのもつかの間。

「7月の5日から、○ちゃんも△ちゃんも話してくれなくなったの。
 でも、ともかは他にも友達いるから大丈夫」

と。やっぱり無視されてるのかぁ。。。
さらに聞いてみると、クラスの中で話をしないのは△ちゃんだけだし、
他のお友達とは仲良くしているようで、本人も割り切ったようなので、ここは
おとなしく静観することにした。

しかし、まだ1年生だよ。
ませ過ぎじゃないのかね???

先週の土曜日に他の保育園時代のママ友とご飯を食べに行ったので
現在のともかさんの状態を話すと、
「やっぱり女子3人って難しいんだよねー。でもさすがに早すぎ!
 ○ちゃんは高校生のお姉ちゃんがいるからそういうのが早いのかもね。
 ともちゃんと△ちゃんはそういうことをするタイプじゃないから、
 もう少ししたら、○ちゃんが朋ちゃんに偏ってきて、今度は△ちゃんを
 一人にしちゃったりするんじゃない?
 でも、○ちゃんは痛い思いをしないから気付けないんだよねー。
 いけないことだってことに」
というすごく冷静なコメント。

もし、ともかさんが誰かを仲間はずれにするようなことをしたとしたら
私は絶対に許せないし、それをともかさんもわかっているはず。
そのようなことにならないように、しっかり見ていてあげないとだなーと
痛感したわけです。。

とりあえず、夏休みで○ちゃんは長期祖父母宅旅行でいないので、その間に
△ちゃんと仲直りできますように。


posted by もえ at 17:02| 神奈川 | Comment(6) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

人付き合い

何気なく
「はまっ子(学校で放課後預かってくれる)からの帰り道は誰と帰ってくるの?」
と、聞いたことが発端。

「うーん。たまに○ちゃん。たまに△ちゃん。でもほとんどが1人かな」

1人?????
○ちゃんと△ちゃんは同じ保育園から同じ小学校に上がり、同じ学童に
通っている。はまっ子は17時一斉下校なので、その後は3人で学童に行くようにと
曜日もわざわざ合わせて、毎週火曜日に3人ではまっ子に行くことにした。

3人で帰ってくるために合わせたのに、何で1人???

ともかさんの言い分としては
「○ちゃんに一緒に帰ろうと誘うと、△ちゃんと約束したからって断られる。
 △ちゃんに言っても○ちゃんと約束してるからって言われる。
 ともかは3人で良いんだけど、2人で帰りたいんだって」

なんじゃそりゃ!!!!
話が違う。っていうか、先に誘っても、まだ約束もしてないのに、約束したと
うそをついて断れらるらしい。(後から約束している所を目撃したらしい)

一緒に帰る約束をしても、置いていかれたこともあるらしい。

それまで我慢していたようで(私にはそういうことを一切言わないで)
話し始めたら悲しくなってしまったようで泣き始めたともかさん。
ううう。母も泣きたいよ。そんな悲しい思いをしていたなんて。

先に約束をしたら良いのかと思って、朝の登校班で誘っても
「もう○ちゃんと約束したから」と言われ。でも実際には学校に行ってから
約束しているのを見てしまったりしたらしい。

そんな友達とは仲良くする必要はないし、他にも友達がいるんだから
わざわざこっちから一緒に帰ろうなんて誘う必要なし!!!!!

もう少し、ともかさんが大人だったらそれで終わりなんだけど、
さすがにまだ1年生。それもこれからずっとお付き合いをしていかないと
いけない2人。。

双方の母親にメールしました。

「同じ日に通っているはまっ子、ともかは別の日に変えようと思って
 いるので、一応連絡しておきますね。

 「○ちゃんと約束しているから」「△ちゃんと約束しているから」と
 断られて、ほとんどが1人で帰ってきているらしいの。

 子供の言うことだから話半分で聞いてはいるけど、学校で腹痛を
 訴えて何度も保健室に言ったりしているのも、精神的なことも
 あるかなと思っているので、今はストレスから回避させてあげたいので
 最初から別の日に行ったほうがいいねって事で。

 ともかが2人に何かしてしまったのかもしれないし、2人にも言い分は
 あると思うので、2人を責める気もないしので大事にはして欲しく
 ないんだけど、とりあえず、はまっ子に行く日を変えるので連絡
 しておきますね。」

と。(ちょっとはしょったがこんな感じ)

1人の親からは即効翌朝メールがきて、寝耳に水でそれが本当なら
申し訳ないと。まあ、そこまではよかったけど、自分の家の子供が
そういうことをするなんて信じられない。だいたいうちの子はともかちゃんが
大好きだから、そんな事をするわけがない。何か理由があるはずだと。

うわーーーめんどくさ。と思っていたら、夕方またメールがきて、
「娘に聞いてみたが、帰りはいつも最初に誘われたこと帰る約束をして
 次に誘われた子は基本的に断っている。
 それは、○ちゃんもともかちゃんも同じ対応をしていると言っている。
 3人で帰るのは最初に誘われた子に聞いても断られるから無理だと
 言っていて、それがうちの子だけのルールなのか、みんながそうなのか
 わからないけれど、そういう風潮があるように思える。
 
 うちの子はいたってマイペースで全く悪気がないんだけど、それで
 お友達が傷付いているんだってことをどう伝えたらいいか悩む。

 それと、うちの子が約束をしていたのに先に帰ってしまったことが
 あるの?だったらそれは忘れちゃったんだと思うの。」

って感じのメール。
全て自分の子供の言うことを信じて正当化したメール。
いえいえ。あなたのお子さんは、先に誘ってきたともかの誘いを断って
いるし、置いて帰ったにも1回じゃありませんから。

夜になってもう1人の親からもメールが。
「事情を娘に聞いたけど、余り良くわからない返事。
 普段、△ちゃんもともちゃんもとっても優しい子なので、大半の
 原因はうちの子にある気がする。
 うちの子はクラスに仲の良い子がいてその子とも遊びたい。もちろん
 ともちゃんや△ちゃんとも遊びたい。と欲望のままの返事が着たから
 はまっ子に行く回数を増やそうと思う。
 ただ、火曜日は基本とするから一緒に行ける日もあるし。

 お姉ちゃんの時も同じようなことがあったけど、3人っていうのが
 難しいんだよね。きっと。
 うちは夏休みも学童にはほとんど行かないから、その間に2人で
 仲良くしてくれると良いんだけど」

はまっ子に行く回数を増やすことで解決する話じゃないんだけどね。

両方とも意とする返事でもなかったし、最初の親にいたっては
「娘に確認したら、ともかちゃんのことは好きだとはっきり言っていたし
 ともかちゃんは将来警察官になりたいと正義感が強くて良い子だなと
 私も主人も大好きなんですよ」
と、聞いてもいないことまで言ってきた。
ウザイ。どう思われているかなんて聞いてないしね。

それに、ともかさんの警察官希望は決して正義感とかではなくて
私と2時間ドラマの見すぎで、刑事になって事件を解決したいだけ。

もうめんどくさくなり、あなた達の子供はうそ付いてますよー!!
1年生から仲間はずれという卑劣なことをしてるんですよ。
って言ってやろうかと思ったけど、さすがに先が長い。。。

ここは大人になって
「話が食い違っている所も多々あるけど、この先も仲良くしていきたい
 気持ちは変わりないから、とりあえず夏休みで距離を置いて様子を見たい。
 はまっ子もしばらくは他の曜日に行かせるけど、また同じ曜日に
 行けるようになる日も近いと思うからその時はよろしく」

と返事をしてみた。
言いたいことは山ほどあったけど、ここは我慢。

あとはともかさんが頑張れ。
△ちゃん(親がいろいろ言い訳してきた方)は親に1人で帰ることが
どれだけ危ないことか、もし自分が先に他のこと約束をしていても
朋香ちゃんがひとりだったら誘って一緒に帰ってきなさいと
言いつけられたようなので、一緒似かえってくることもあるかもしれない。
でも、なんて上から目線な発言なんだと、私としては思うわけだ。

うちは1人でも良いよと言ってあると、はっきり返事には書いておいた。

双方の親の反応がはっきり見れて、この2人とは距離を置こうと心に
決めた私。
親子共々、小学校で新しい友達を作る!

子供通しの付き合いも面倒だけど、親同士はもっとめんどくさーーーーい!!

 
posted by もえ at 13:57| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

参観日

入学式のことを書く前にいろいろあり。
忘れないうちにそちらを。

12日(月)に
・給食参観
・掃除参観
・授業参観
・PTA総会
・学校説明会
がありました。
4月にも授業参観があって、行ってきました。

4月にも授業参観があって、その日はクラスの役員決めなども
あったんだけど、4月に入って、2週目 入学式、3週目 授業参観/懇談会
4週目 家庭訪問と平日行事が続き、とても異動したばかりの私はすべてを
休むわけにはいかず、3週目は旦那がお休みだったので、代わりに行って
もらったので、私にとっては入学式以来の学校。初の授業参観。

給食参観は親も食べれるのかと思って楽しみにしていたら、旦那に
「そんなわけないでしょー」と言われ、クラスの子のお母さんに事前に
メールで確認したら
「親は見るだけだから、食べていかないとお腹空いちゃいますね!」
という返事が。ガーーーーン。食べれないんだ。。
しかし知らずに行ったら相当空腹に耐えなくてはいけなくなるところ
だったから、聞いてよかったわ。

12時半からという事だったけど、12時20分前には学校に到着。
教室ではちょうど、給食を配っているところでした。
先生と6年生がご飯やおかずをお皿におよってくれて、当番さんが
お盆にのったそれを配るんだけど、みんなお味噌汁がこぼれそうで
怖い。怖い。

お当番ではなかったともかさん達は、思い思いに遊んで待っている感じ。
別に席に着いていなくても良いみたいで、かなり自由。

メニューは
・ご飯
・味噌汁(豆腐、わかめ、ジャガイモ)
・魚のフライ
・チャプチェ

韓国料理のチャプチェが出ちゃう辺り、新しいなーーと。
先生がやはり珍しい料理だからか、「チャプチェとは」と説明を
してました。こんな料理です→http://cookpad.com/recipe/473627
もちろん他のメニューもすべて紹介して、日直さんの号令で「いただきます」

すぐに食べ始めるのかと思いきや、先生が給食の容器のそばに移動すると
一気に子供達が走ってそこに列をなす。
え?もうお代わり?と思ったら、「量が多いな〜という子はいらっしゃーい」
と声掛けが。まずは減らす子です。当然のようにその中にともかさん。

クラスでただ一人、メインのおかずの魚のフライを半分にしてもらってました。
確かに苦手そう。そして、チャプチェも絶対に苦手だと思う…。

減らす子が終わると、今度は足りないから増やしてほしい子。
増やしてほしいお皿を持ってくるので、それに先生に足してもらう。
もちろん他のおかずを減らしたのに、こっちは増やして!は許されない様子。

ともかさんは海苔(旅館の朝ごはんのように数枚で梱包されている)を
1枚1枚、上にご飯を乗せて丁寧に海苔巻きを作って食べてました(笑)
牛乳もあっという間に終わったようで、パックを開く作業。
しかし、おかずが進まない。後ろから見た限りでも減っていない感じ。

先生がおもちゃの時計を黒板に貼り、「今日は長い針が1のところになったら
ご馳走様ですよ」と。配るのに時間がかかるからか、食べ終わりの時間は毎日
その場で決めている様子。

給食を配るのを手伝ってくれた6年生は一度自分のクラスに戻り、自分の分の
給食を持って戻ってきて、6人くらいでひと島になっている中に入り、
一緒に食べる。1年生のお世話をしながら食べてくれるのだ。

先生も自分の分を食べている余裕はなく、みんなの机を周り、牛乳の残りを
チェックしたり、進んでいない子には注意をしたりしていて忙しそう。

そんな中、おかずは進まないものの、一人で着々と食べ進めているともかさんは
家庭訪問で言われた通り、手のかからない「しっかりした子」なんだろうなーと
改めて思う。

1時5分になると、ごちそうさま。
保育園では、食べ終わるまで永遠と残ってるの?位に取り残されて食べている
子がいたけれど、小学校は時間になると全員ごちそうさまだった。
残った子は先生に残した量を見せながら、6年生に戻してもらう。
ともかさん、おかず(フライ、チャプチェ共に)残しすぎ。
本人の言い訳としては「パプリカが入ってたし・・・」と。そうです。ピーマン、
パプリカが苦手なともかさん。今日のメニューは厳しかった様子。
魚もフライは家でほとんどあの人は食べない。好き嫌いなくさないとダメですね。
一緒にいたお母さんにも「ともかちゃんは、給食代、半額にしてもらわないと」と
言われてしまうくらい(笑)

その後、教室の掃除へ。
掃除は6年生が手伝ってくれて、全員でする。
この辺りから週末からずっと出ていたともかさんの咳が出始める。
ずっと出ているわけではないが、出始めると止まらなくなるようで、この日も
掃除の途中にのどが痛いと私のところへ。
そのときに一緒にいたお母さんは、保育園時代から一緒のお医者さん。
「ともちゃん、マスクした方がいいかもよ」と。喉が乾燥するから咳が出るから
といわれて、そうかぁ…と私も納得。
その場ではとりあえずマスクはせずにお掃除へもどらせた。

いよいよ、授業。
5時間目は「こくご」
4時間目もこくごだったので、その時に、みんなでなぞなぞを作ったらしい。
例は「緑色の服を着ています。中は黄色で、種がたくさん入っています。
さてなんでしょう?」とヒントは3つ。答えは野菜になるように作ります。
もちろん、上の例の答えは「かぼちゃ」

端から順番に前に出て問題を読み上げて、わかる人は手を上げる。
でも誰かを指すわけではなくて「せーの!」の掛け声でみんなが一斉に答える。
ともかさんもみんなの問題に手をピシっと上げて、張り切った様子。
自分の番でも、特に女の子は後ろまで声が聞こえない子が多い中、ちゃんと
声を出して問題を読めました。
「細くて、長いです。スジがたくさん入っています。何でしょう?」
スジ?と思ったけど、細くて長いものは1つしか思いつかない。
答えは「ごぼう」でした。ちゃんとクラスの子達が当ててくれて終了。

しかし、授業が始まってからもずっと咳が出続けていて。
自分の発表のときは出なかったので、先生は気付いていない様子。

のどが痛いと後ろを向いて訴えてきたので、ジェスチャーで給食のときの
マスクをするように進める。
言われたとおりマスクをつけるともかさん。
しばらくするとマスクが暑い!という感じ。うーん。布マスクだし通気性が
良くないかもな〜と。でも、何も出来ないので見守るしかない。

全員分の発表は結構長く、後半子供も大人もちょっと飽き気味(笑)
教育実習で先生が一人入っていて、その先生が飽きて落ち着いていられない
子供の席をまわって大変そう。

ようやく終わって、授業も終わりかなって時に、ともかさんは机に向かって
背中を丸めているなーと思ったら、マスクを進めてくれたお母さんが
ともかさんを横から見ていてたので異変に気付き、駆け寄って先生に
なにやら訴えてくれている。
後ろから見ていた私は何が起ったのかわからず。
急いでそばへ行ってみたら、マスクから机へはみ出して、給食を嘔吐して
しまっていた。咳の出すぎで出てしまった様子。
持っていたティッシュで急いで拭いて、教育実習の先生がビニールと
トイレットペーパーを持ってきてくれて、大人3人で机を拭き、ともかさんを
連れて流しへ。教室を出たところでまた嘔吐してしまい、廊下に白いご飯が
転々と…。

気付けば、担任が呼びに行った保険の先生が、完全防備で消毒液を持ってきて
教室の中で机、床を完全消毒。
引き続き廊下、流しも消毒液をまいてすごいことに。

他のお母さんたちも「なんだかスゴイ大げさなことになってるね…」と。
子供達も「ともかちゃんどうしたの?」と聞きに来て。
「咳をし過ぎちゃってね」と答えたものの、消毒隊の凄さに子供達もただ事では
ない空気を感じ取っている様子。

ああ…大げさになっちゃったなぁ。。
大人の私でさえ引いてしまったんだから、6歳のともかさんにとっては辛い
試練だったに違いない。
終わりの会が始まったので、落ち着いたともかさんに「終わりの会だけ参加して
おいで。終わったら帰ろう」と声をかけると、ささーっと教室へ。
教室に一人で入るのには勇気が要るだろうなと思っていたから、案外すぐに
教室に入っていったのには、こちらがビックリ。

私としては終わりの会に参加して帰れば良いと思っていたのに、先生がすかさず
ともかさんのそばに寄り、席に座ることを許さずランドセルを持って一緒に
廊下へ出てきた。
「気付かずにスミマセン」と言われ、たぶん先生としては具合が悪いんだから
すぐに帰った方が良いと思ったんでしょうか、5分もかからない終わりの会を
中断された方がさらに目立ってしまって。あーあって感じ。

マスクを薦めてくれたお母さんは責任を感じてしまったようで、片づけを
凄く手伝ってくれて、申し訳なかったわー。

PTA総会等は欠席することにして、委任状を出しに会場へ。
その途中、保健室の前を通ったら、先ほどの重装備で来た保険の先生が
「すみません。決まりでやらなくてはいけなくて」と。ええ。わかっています。
が、凄かったよね(笑)
ともかさんには「大丈夫?気にしなくていいからね」と声をかけていました。

咳はその後も出たり出なかったり。
耳鼻科にすぐに行って、シールのタイプの咳止め薬を処方してもらった。
咳自体は良いんだけど、あの消毒作業や嘔吐したということに、子供達が
過敏に反応して、いじめのきっかけになったりしなければ良いなと。。

今のところ、特にそのことで嫌な思いはしていないようですが。。
夕食でその事を主人に話していたら「思い出させないで!」とともかさんに
言われたので、本人の心の傷も心配です。

そんなこんなでバタバタの授業参観でした。。。



posted by もえ at 10:32| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

謝恩会

今回の卒園式、親の係りは「送る会」での幹事役の年中さんと連携し
出欠を取ったり進行を決めたりする「送る会係」と、送る会で先生に
お渡しする記念品を作成する「記念品係」そして園での行事が終了後
開催する謝恩会を担当する「謝恩会係」と分かれていて、私は3つ目の
謝恩会係。

謝恩会は会場探しで良し悪しがかなり違ってくるということから、
係りを決めた12月の忘年会直後から活動開始。

卒園生のいる保護者から、雰囲気を聞いたり、店選びのヒントを
もらったりしたんだけど

○下の子がいる家庭もあるし、子供たちも疲れるだろうから
 最寄り駅そばの会場は必須
○14時には送る会が終わるので、出来たら早い時間帯に実施が良い
○回避は大人1人3,000円〜4,000円程度

等々の情報。
まあ、最寄り駅が快速の止まる大きな駅だから百貨店もあるし
その中のパーティースペースとかもあるよ〜なんて聞いていて
片っ端からあたってみる。

が!!!!まだ12月だというのに、その店、会場も軒並み良い時間帯は
予約でいっぱい!
お店の人によると、お日柄も良くて(友引)、3月1日は高校の卒業式でも
あるので、すでに予約が続々入っているとか。。
ファミレスに集まり、知恵を出し合い、その場で電話をして予約の
確認を聞いたりして。。ようやく取れた場所が、最寄り駅の百貨店の中の
パーティースペースなら15:00〜17:00(案A)又は電車に10分くらい乗った
駅から徒歩8分位の会場。そこなら17:30スタートが可。(案B)

14時まで保育園で送る会なのに、15時から謝恩会じゃそのまま行かないと
いけないし、お腹もすかないよねーという幹事の間では、案Bが有力候補。
でも、下の子がいると電車に乗っての移動とか大変なんじゃないかという
他の係りなのに意見を結構言ってくる保護者もいたので、結局全員に
アンケートをとることに。めんど・・・

年末まで締め切りでアンケートをとってみると、結果はまあ半々って感じ。
やはり案Aは近場だということだけが案Bに勝っているのに、謝恩会係りの
表を除くと、案Aが圧倒的勝利(笑)
でも、全体で見たら半々だから、案Bにしよう!と押し切ってみましたわー。

実際に下見も行ったけど、案Bの方がすごく良かったしね♪

当日は幹事は30分前に集合。
あらかじめ決めた係り分担の準備に。
私は当初から連絡係りで案内をみんなに出したり、集計をしたりという
仕事だったから当日は結構フリー!
でも、旦那が司会になってしまったので、違う意味でドキドキ(笑)

会場は結婚式の二次会(披露宴も出来そう)なひな壇もある部屋で
その階は私たちだけで貸切。

エレベーターを降りたところに受付を設け、順次受付をしてもらい
来た人からお酒もどうぞシステム。
(事前に会費の召集済み。席も幹事が決めた、円卓10名が8卓)

まずは集合写真!
これがここのウリの1つで、会の初めに写真を撮っておくと、帰りには
印刷をしてひと家庭に1枚ずつ配ってくれる。
大人数の集合写真の後、旦那の司会で開会。

が、音楽がAKBが流れていたら、係りでもなんでもないただ乗りの良い
お父さんが、子供たちに踊るように促し、子供たちが前に出てきて
踊りだして大騒動に。。

子供は楽しいかもしれないけど、こちらは2時間で組んでいる進行表が
あるので、イライラ。。どうして足並みを崩すようなことをするんだ!
と、イライラが顔に出てたかも(^^;
司会の旦那はマイペースに、良いよ、子供たちも楽しそうだし。と
のんびり。。
kari1.jpg
ようやく乾杯をして、この謝恩会用に一人のお父さんがDVDを作って
くれたので、それを見ながらお食事。
0歳児クラスからの写真を見て、子供の成長を改めて感じて、泣きそう
だったよ(笑)

お食事はヴィッフェだったけど、量も豊富だったし、味も美味しかった♪
飲み物も飲み放題でバッチリ。

お食事が良い感じで進んだところで、ビンゴ!
景品は500円程度で、女の子は女の子用に、男の子は男の子用に当日
各自持ってきてもらったもの。
ビンゴ初体験の子供たちは大盛り上がり!
司会は謝恩会係のお父さん3人。
最初はなかなかビンゴにならない子もいて、大丈夫かな?って感じだったけど
ビンゴが出始めると、子供たちも景品を見せ合って楽しそう!
時間も良い感じで稼げて、楽しい催しに。

その後、お店側から保育園の名前入りのハニートーストが振舞われ、
子供達、長蛇の列(笑)

その後、運動会でみんなで踊った曲を流し、子供達ダンスで大盛り上がり。
送る会用に練習した「たいせつなともだち」を大合唱。
ここでは、男の子は肩を抱いてみんなで一緒に歌っていて、その姿に
親は涙涙。

大盛り上がりの2時間でした。

この盛り上がりは2時間だけじゃ足りず、その後8割の家族が参加して
同じビルの下にあるカラオケボックスで2次会。
ビル全体が同じ会社が運営をしているので、そこは連携をとってくれて場所も
しっかり確保してもらえて、大正解。

カラオケボックスでは子供だけではなく大人も大盛り上がり。

終わって駅までみんなで歩いて電車に乗って、もっと遊び足りない気持ちを
押さえお友達と別れて家にたどり着いたのは22時半近く。

長い1日でした。。

最初は最寄駅周辺じゃないとーと言っていた保護者も、すごく良い会場だったし
盛り上がってとても楽しかった!って言ってくれて一安心。
大成功の謝恩会でした。

本当に楽しい1日だったな〜〜〜。
楽しかった6年間の保育園生活が1日に凝縮されたような、そんな1日でした。
posted by もえ at 14:54| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

卒園式

早くも4月も中旬。
あっという間に、ともかさんの保育園卒園、小学校入学という
大イベントが終わっていきました。

子供の成長は本当に早い。

3月1日
保育園卒園式

雨の心配されるどんよりとした空の朝でした。
ともかさんたっての希望で、私とお揃いのスーツを卒園式用に購入。
左胸には保育園の先生手作りのコサージュをつけてもらい、髪は
巻き髪にしたのに、当日の湿気で落ちてしまって。。
でも、黒のカチューシャをつけてちょっと可愛く。

保育園は月齢順に並んでいるので、ともかさんは3番目。
女の子ではトップに名前が呼ばれます。
ホールのステージには子供たちが座る椅子が並べられ、その真ん中に
花道が出来ていて、一人ずつそこを通り、園長から卒園証書を頂きます。
あっという間にともかさんの番になり、しっかりした足取りでステージに
上がるともかさん。

「卒園証書 ○○ともかさん
 6年間よく頑張りました!」(中省略)
と、園長が卒園証書を差し出すと、しっかりと右、左と順番に証書を
つかみ、「ありがとうございます」と大きな声で挨拶をして受け取りました。

ともかさんの保育園ではこの後、振り返って父兄の方を向き、卒園証書を
頭上に掲げ、自分の頑張ったこと等を一言発表するのが慣わし。
ともかさんは
「夏のプール。息が苦しかったけど、毛伸び頑張りました!」と
堂々と発表!

何を言うか事前に聞いていなかったので、今頑張っているプールのことを
発表するなんて、ともかさんらしいな〜とジーンとするワタクシ。

他のお友達もみんな大きな声で発表出来ていて、とても成長を感じました。

全員が席に着くと、園長のお話、理事長のお話と続きます。
その間もちゃんと座ってお話が聞けてる子供たち。本当に大きくなったね。
在校生との恒例の掛け合いも、みんなぴったり合ってとっても素敵でした。

卒園生だけで歌う歌は「虹」
とっても大人っぽい良い歌で、何度も出てくる「きっと明日は良い天気」と
いうフレーズ通り、この子達の未来は明るいものに違いないと感動。

みんなで歌う「みんなともだち」
一人ずつ名前が出てきて、その子の性格や印象を先生が歌詞にしています。
これも毎年恒例な歌。
ともかさんは何て歌詞になるのかずっと楽しみにしていたのよね。
「しっかりともかちゃん。お当番しっかりと」という歌詞になっていました。
○○(性格)な○○ちゃん(君)、だから○○ という構成になってます。

その後、先生からの歌。
先生全員が歌ってくれる歌は毎年違い、とても感動的。
ビデオで先生方を撮影していて、先生の涙にもらい泣きしそうになる。

最後は園で作成してくれた、0歳児からのスライドを投影しながらの退場。
20人の卒園生中14人が0歳児から6年間一緒に育った仲間。
残りの6人も1歳や2歳からの子が大半。
自分の子供のように成長を見てきた20人の赤ちゃんの頃からのスライドに
父兄一同感動でした。


その後、年中さんが中心になって企画をしてくれる「送る会」までの間
教室で、一人ずつ作成されたアルバムや作品集を渡される。
これまた0歳児からの、先生方が保育園で撮影していてくれた初めて見る
写真ばかり。作品も都度返されていたら紛失してしまっていただろう貴重な
ものばかり。これを20人分作成したのかと思うと、先生方の苦労と愛情を
感じずにはいられません。

園庭では在園生が花道を作ってくれて、その中を歩いて送る会会場へ。
ここまで雨が持ってくれて本当に良かった。

送る会では、卒園生の父兄で作成したスライドを上映。
これまた0歳児からの写真に親がコメントをつけたものと、育児休暇中だった
お母さんが、保育園の遊びの時間帯に子供たちに一人ずつインタビューをして
くれていた。質問は名前と大きくなったらなりたいもの。
男の子は仮面ライダーが大人気!かなりの数の子が「仮面ライダーになりたい」
と答えていたので、平和な街が築かれることでしょう(笑)
他には宇宙飛行士や、ミュージシャンという答えも!
女の子にはケーキ屋さんが大人気!あちらこちらにケーキ屋さんが出来ちゃうね。
お母さんがお医者さんの女の子は、将来は医者になると答えた子もいたし、
お母さんになりたいと言っていた子もいました。みんな可愛いね。
そして、我が家のともかさんは「招待の夢は、オリンピックに出たいです!」と
元気に答えていて、出席者みんなから大きな歓声を頂きました。
えっと…まずは、種目から決めないとね(笑)

その後、ひと家庭ずつステージに上がり、親から子供へのコメント。
家で言うから良いよ!とずいぶん抵抗したんだけど、これは園長のこだわりで
子供たちも頑張って卒園式で一言言っているんだから、親も!とごり押しされて。。
ひと家庭1分の持ち時間。基本は片親からコメントだけにしようと決められていて。
我が家は当然パパに押し付けました。(文集は私が全面的に作ったからね〜)

「今日は泣かないよ!」と言っていたパパですが、このコメントで…。
泣きながら話したコメントは良かったよ〜。他のお父さん、お母さんにも
「ともちゃんのパパのコメントで泣いちゃったよ」とたくさん言われたしね。
最後の「オリンピックに出たいと初めて聞いて…何をしてあげたらいいのか
全然わからないけれど、全力で応援します!」にはみんな泣き笑い。
マイクを司会者に返そうと思って、私が振り返ると、後ろで司会のお父さん
(年中さんのお父さん)が目が真っ赤になっていてビックリ。
後で旦那もこの司会のお父さん(結構知り合い)「泣かせないでくださいよー」
って言われたらしい(^^;

その後、私の発案でチャレンジの「卒園式または謝恩会で歌ってくれる幼稚園・
保育園限定」に応募して見事当たって、クラス分全員のCDを頂き、この日までに
みんなが各自で練習を重ねてきた「たいせつなともだち」を卒園生と親で合唱。
先生へは当日まで内緒にしていて、サプライズでの歌のプレゼントに普段泣いた所を
見たことないと言われていた園長を始め、先生方(特に担任)がすごく感動して
泣いている姿を見て、発案者の私は一安心。
「先生と別れるのは辛いけれど、大丈夫。素敵な1年生になる」という歌詞に
子供たちも泣いている子が結構いたなー。

その後、送る会担当の卒園生の父兄が作成した先生たちへのプレゼントを子供達が
渡して、予定より1時間近くオーバーをして送る会終了。

なかなか名残惜しいものの、その後の謝恩会までの時間が迫っていたので、
園を後にすることに。
「先生、また月曜日に」と、こんなに涙涙でお別れをしても、3月31日までは
また普通に登園するという、保育園ならではのなんだか不思議な光景。

でも、本当に良いメンバーに恵まれて、先生たちの愛情をたくさんうけて
楽しい6年間でした。


謝恩会はまた長くなるので別で書こうかな。
posted by もえ at 09:19| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

抜歯


抜歯しました。

今週の日曜日、ともかさん人生初の抜歯をしました。

こんな風に下の前歯の両脇が奥側からはえてきちゃったのでね。
それも、乳歯が抜けるか様子を見ているうちにかなり大きく
出てきてしまったので。
DCIM0739.jpg
で、前回書いた様に、歯科医の先生に抜くべし!と宣言を
されたわけです。

最初に、歯科助手の方に
「今日は ばっし で良いですよね?」
と確認されて、え??抜糸??何も縫ってないというかこれから
抜くんだけど・・と思って
「え?抜糸?歯を抜く予定で」と答えたら、笑顔で
「ええ。だから『抜歯』ですよね」と言われ。
あっ、糸じゃなくて歯ね!(笑)「ばっし」って聞いたら普通
抜糸を連想するよね〜?!

抜く前に、レントゲンを撮って根っこの形を確認したところ
「永久歯が乳歯の根っこを結構引き込んでいるから大丈夫だと思うよ」
という事でした。良かった!この間は乳歯の根っこを引き込んで前に
出て行くのが理想だけどこれだけ離れていると…という話だったので。

まず、歯茎に麻酔薬を塗り、暫く我慢。
苦いから飲み込まないように注意されていたけど、横になって
口を半開きにして、スポンジ?みたいな綿を入れられて5分近く
放置されたら、唾だって飲み込みたくなるよねー(^^;

DCIM0740.jpg

放置された後に、しっかり痛みがないように麻酔を注射。
これはさすがに痛そうにしていたけど、泣かずに頑張り先生にも
偉いねーーーと褒められるともかさん。

麻酔がしっかり効いたことを確認して、先生がピンセットで
グイグイグイって引っ張ると、意外とすんなりと抜けた!
今回は2本抜く予定だったので、最初はちょっとだけグラつき
始めた方だったのでなお更かも。

2本目は全くグラついてなかったので、先生も結構力を入れて
グイグイグイ!!
見事に2本抜けました。
DCIM0741.jpg
写真、ちょっと気持ち悪く写ってしまった・・・

でも、どうみても新しくはえてきた歯は大きくて、隣の歯に
被ってるんだよね。。。
前に出てきても隣の歯が抜けないと間違いなくガタガタになる。。
前に出てくると気に隣の歯を押して、隣の歯が早く抜けないかしら。

化膿止め(抗生剤)を3日分処方されて、来週の日曜日(1週間後)に
経過を診てもらいます。

「今日はずっと血の味がしちゃうと思うけど、余り舐め過ぎたり
 しないように気をつけてね」

とその他もろもろの注意事項を聞いて帰ってきた。

痛がるようだったら飲ませてと痛み止めも処方された。
2日くらいは、モノを食べると歯茎が痛いらしくて、食欲も減。
「ママ、ここが痛い」と訴えてくるものの、痛み止め飲もうか?と
聞くと「飲むほどじゃないから頑張る」という返事。
ともかさん、よく頑張りました。
女の子だから、歯並び悪くならないといいね。。。
posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

歯の事


ともかさんの歯のこと。

下の前歯2本が抜けて以来、奥歯の永久歯が4本生えてきたりは
していたけれど、他に変化はないなーと思っていたら、12月頃から
下の前歯の両脇2本が、また抜ける前に内側から生えてきました。

前歯2本も抜ける前に生えてきて、無事入れ替わるようにキレイに
生え揃ったので余り気にしていなかったのが、どう見ても新しい歯が
すごい後ろ側に生えているし、乳歯も全く抜ける気配がない。
さすがに心配になって、歯医者に行ってきました。

「これは、抜かないとまずいですねー」

が、先生の第一声でした。
それも、抜くだけじゃ問題らしい。

心配していた通り、永久歯が内側に生えすぎていて本来なら乳歯の
根っこを巻き込んで前に出てきて欲しいところなのに、後ろ過ぎるし
ここまで大きく出てきてしまっていたら、もう乳歯の根っこを巻き込む
事はありえないらしい。
乳歯も永久歯がここまで大きくなっていても、ちっともグラついていない。
完全に抜くしかないそうで。

そして問題がここから。

「抜いても、歯並びが悪くなる可能性がありますね。
 見てもらったわかるように、どう見ても乳歯より永久歯が大きい。
 だから歯の隙間が足りなくて、きれいにはまる事が出来ないんですよ。
 下あごが小さすぎるんですね。
 そうするとどうしても歯がきれいに並ばない。
 下あごの大きさは、上あごにも影響があって、下に合わせて上の歯が
 生え揃って行くので、下の歯並びは重要です。
 今のままだと歯並びが悪くなる可能性が高いです。
 今の子供は硬いものを余り食べないので、どうしても下あごの発達が
 悪くなりがちなんですよ。ケーキ等はやわらかいので、おせんべいとか
 オヤツを変えるとか、硬いものじゃなくてもよく噛んで下あごの発育を
 促すように努力が必要です。」

がーーーん。
私自身がスキッ歯ですごく嫌だったので、ともかさんだけはしっかりと
思っていたのに・・・確かにともかさんはまず顔が小さい。
他の子に比べてもかなりの小顔。良いと思っていたけれど、必然的に
あごもシャープ。ああ・・・そんな落とし穴があるとは。。
私が、あごが小さいのかぁ・・・と歯並びが悪くなると言われた事に
下あごを発達させるには・・といろいろきいて心配です!って顔を
していたのか、最後に

「でも、矯正とかはまだ時期尚早ですよ。
 下あごは10歳過ぎくらいまで発達するし、上あごは14~5歳位まで
 かけて形成するから、まずはよく噛む事を心がけてあげてください」

と言われました。。
昨日から、「一口10回噛んで!」と、食事中に何度も言われる気の毒な
ともかさんです(笑)

抜かなくてはいけない歯は、前歯で目立つので来週末の卒園式が
終わってから抜くことになりました。
ともかさん、頑張れ!
posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

1月のお弁当


1月のお弁当をUPするのをすっかり忘れてました。。
今更ですが。

DCIM0595_1.jpg

○ご飯
  雪うさぎ 2匹
   中身は梅干です。耳はキュウリ。
   目はケチャップで。

○おかず
  ・ミートボール 4つ
  ・キュウリ入り竹輪 2つ
  ・ウズラの卵(顔作ってみたが、キモイかも)
  ・ウインナー 花とタコ
  ・ブロッコリー
  ・ニンジン
  ・プチトマト

○デザート
  ・いちご 5つ


雪うさぎは丸まった形が命!
簡単に可愛く出来たんだけど、お弁当箱より高さが
でちゃってね(笑)
お弁当箱に入れたら見事に潰れました(爆)

まあ、仕方がない!
そんな事もあるよね〜(^^;
posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

学校説明会


明日は保育園の教室のお引越しです。

年長さんであるともかさん達は、小学生になるべく、朝の集まりを
今までより30分繰り上げたり、お昼寝をしないで過ごすようになったりと
生活のリズムを整え始めたので(1月中旬より)年中さんと一緒に新棟の
大きな部屋をシェアしているといろいろ不都合がある為、毎年この時期に
お引越しが実施されます。

今までは上の学年へのステップの一環として、もうそんな時期なんだな〜と
思う程度でしたが、今年はやはり卒園へのカウントダウンということで
いろいろ思うところがありますね。

明日の朝、新棟へ送る最終日。親のほうが感慨深くなっています(笑)

先日小学校の説明会がありました。
今年は初の試みで、子供も同伴。説明会中は別室で過ごしますと通達があり
ともかさんと一緒に小学校に行ってきました。

小学校5年生(来年度の最上級生ですね)が、1人ずつ名前を確認して
別室に誘導。折り紙をしたりしながら1時間強を一緒に過ごしたようです。
一人一人名前入りのお手紙を頂き、「ようこそ○○小学校へ!」と書かれて
いました。小学生になるんだねぇ。ともかさん。。

さて、説明会の方は校長のお話とその他準備物や、集団登校なのでその
班分けの確認などでした。
校長、副校長共に女性で、ふくよかで言いたい事をはっきり言う校長に対し、
細くて何となく神経質で大人しそうな副校長。
なんか、ドラマに出てきそうなコンビでした(笑)
両方女性は珍しいかもしれないですね。校長は進学する小学校に昨年の
4月に赴任してきたようで、まだ1年未満。
今年はいろいろチャレンジしていく気のかな〜という、内容がちらほら。

まずは、11月の就学前検診が、今までは体育館で行われていたのが
今年度から始めて教室で実施。そして、今回の説明会への初の子供の参加。
そして、今までは自宅付近の地域を見に行くだけだったけれど、来年度から
家庭訪問を実施しますと。
4月下旬のようですが、これは元々ないことを知らなかったので、へーー
やってなかっんだという感じ。校長の説明では、自宅付近がわかっていても
何かがあって、自宅に送っていかなくてはいけなくなることもあるかもしれない。
その時に担任が自宅の明確な場所を把握していないと不都合だからということ。
まあ、そうだよね。最近の家庭訪問は玄関にしか先生は入らないと言うことですが
うちの小学校がどうなるかわからないので、約2ヶ月かけて大掃除を決意!
ようやく重い腰を上げて、ともかさんのお部屋作りを実施しようと思います。
(頑張れるかしら…不安…)

一人っ子って、親も何もかもが1回しか体験できなくて、なんか寂しいですね。
下の子がいたら、まだ保育園とも繋がっていれたし、今回何か失敗しても
次回に活かせたのに(笑)

ともかさん自身は卒園でみんなと別れるのは寂しいと言っているけれど、
前を見て頑張っているのに、何となく親の私が後ろばかり振り返って
懐かしんじゃってる感じです。

卒園式まで2週間切りました・・・。

DCIM0648.jpg
先週末の雪。保育園の園庭。
この園庭に惹かれて、この園を希望したんだったなぁ〜。
posted by もえ at 23:45| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

お餅つき


昨日(1/18)は保育園の餅つきでした。

去年はピアノの発表会が近く、そちらを優先して参加できなくて
ガッカリしていたともかさんに、「来年は卒園の年だから、何よりも
保育園行事を優先してあげるからね」と約束した事を思い出し、あれから
もう1年も経つのかと思うと、本当に月日が経つのは早いな〜と。。

まあ、去年ガッカリしていたからって、ともかさんが餅つきが大好きという
わけではなく、どちらかというと別に餅はつかなくても…怖いから…って
感じなんですよねー(笑)
一昨年までは、親に持ってもらって一緒にとか、お友達と一緒にとかでしたが
最後の今年にようやく1人で杵を持って、ペタ、ペタと付いてました。
本当に「ペッタン」ではなく「ペタ」でしたけどね(笑)
まあ、一歩成長です。

最初は一緒についたけど、2回目は1人でチャレンジ。

成長といえば、去年まではお餅は一切食べなかったのに、今年は醤油と海苔の
付いたのは美味しいと言って、ちょっとだけ食べててビックリ。
食べれるんじゃん!って感じで。
あんこのは、あんこだけ好きだから食べるというありえない行動にでてましたが。。

これで、餅つきが終わってしまったので保育園行事も残すところ卒園式のみ。
本当に月日が経つのは早いものです。

卒園式の後に、保育園で1つ下の学年が主催側になって「送る会」というものを
やってくれるんだけど、そこで子供達の0歳児からのビデオ(写真とコメントを
繋いで作ったもの)を流すのが恒例で、今年もその写真と文章の提供を
頼まれているんだけど、久しぶりに0歳児の時の写真とか見返すと、もういろいろ
思い出しちゃって進まないったら(^^;
しかも、子供も小さいけど、私も若かった(笑)歳を取った事を実感させられて
ある意味辛い作業です・・・。

卒園式で、園から0歳児の時から保育園で書いた絵とかを一冊のにまとめて
プレゼントしてくれるんですが、その表紙が毎年自画像なんだって。
その自画像をコップとかお皿に転写してそれもプレゼントしてくれるらしい
んだけど(コップに全員の自画像が入る)、そんなの全く知らなかったから
ともかさんにそういう絵を描く練習とかもさせてなかったわけですよ。
そしたら、ある日急に教室に「今日鏡を見ながら鉛筆で自画像を書きました」と
絵が張り出されて・・・・

ともかさんの絵・・・同じクラスの男の子のこと書いたのかと思ったよ(泣)
だって、髪が…髪がスポーツ狩り????

先生に聞いたところ「ポニーテールをしていたんですよね。で、鏡をすごく
真剣に見て書いたんですが、髪の毛は見えなかったからと・・・でも、柔らかくて
優しい感じが朋ちゃんっぽくて、良い絵だと思います」と言われた。。。
まあ、私も絵は激下手だから、人のことは言えないのですが。それに確かに
眉と目の感じとかよく描けてはいるんですが…どう見ても男の子です。

ポニーテールかぁ。。確かに毎日ポニーテルだよね。。。うん。仕方がない。。
posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

お楽しみ会(前日)


毎年12月第1週の土曜日は保育園の「お楽しみ会」

早いですねー。もう6回目なんて。
小さい子の「ごっこ遊び」(お手玉を運んだり、動物園に行くまねとか)を
していた頃が懐かしい。

今年の劇はこちらの本
『半日村』
 hannnitimura-1.jpg          
斎藤 隆介:作 滝平 二郎:絵

後ろに大きな山がそびえている為に、半日しか日が差さない村がありました。
そのために、その村は「半日村」と呼ばれていました。
朝日がまったく当たりません。
お昼になってからようやく燦々と日光が当たっても、すぐに日が入って寒く
なってしまいます。
だから作物、殊に稲の生育がとても悪く、村人達もやせ細っていました。
半日村には一平と言う子供がいました。
一平はある晩、両親が『あの山さえなかったら・・・。』と嘆くのを聞きました。

次の日一平は、村への日光を遮る山へ登ります。
そして天辺の土を、袋に詰めて肩に担ぎました。
それから山を下り、ふもとの湖に袋の土を捨てました。

子供達は一平を見て、変な事をしていると笑いました。
しかし、真剣な一平を見て、子供たちが手伝うようになり、大人達も一緒に
土を運ぶようになり。

大人が死んで、一平が大人になり、その子供たちも手伝うようになった頃
ある日の朝、半日村に朝から日が差すようになりました。

草木も稲も元気になり、半日村は「一日村」と呼ばれるようになりました。

という感じのお話。
小学校の教科書に載っていた頃もあったらしく、それだけあって、一歩一歩
諦めずに頑張れば、かなわない事はないという事を教えてくれる感動な本。

子供たちはこの本を演じる事になってから、昔の人たちの暮らしを勉強したり
自分達なりに意見を出し合い、今年は小道具も全て子供達の手作りでした。

園長が60歳過ぎ位だと思うんですが、子供たちに昔の人の生活や習慣について
話をしたりしてくれたらしく、保育園への往復の時間にともかさんから
「園長は昔の人だから、いろいろ教えてくれたんだよ」と説明してもらい
終いには「ママは昭和生まれ?昭和生まれの人は昔の人なんだよね」と
言われて、かなりの衝撃を受けたりも…そっそうか、私は昔の人か…(爆)

配役は子供達の希望を聞いた上で、担任と園長たちが話し合って決めた
とのこと。
本を読むのが大好きなともかさんは、
「ナレーターが良いって言ったんだけど、4人しかなれないところに
 5人なりたいって人がいるの。みんな譲れないんだって。
 だから、園長たちが決めて発表するって」
と言っていて、配役発表の日までドキドキ。

無事、4人枠に入れ(洩れてしまった1人の子には、1人しかいない役に
抜擢して納得してもらった様子)大喜び。

「譲ってもらえて、ともかはナレーターになれた!
 ナレーターになれて嬉しい(^^)
 ともかは、4番目だった。だから、最後の大事な言葉も、ともかが
 言うんだよ!」
と張り切っていました。

シナリオを4等分して、ナレーターは暗記をして当日は本は見ないという。
子供ならではの暗記力に脱帽ですよ。
大人には無理だわ。。

「大きな声で、はっきりと話すんだよ」
とだけ、アドバイスをしたきり、当日のお楽しみと言われて、家では
一度も練習をせず、様子を見せてくれなかったともかさん。
先生とのノートのやり取りに書かれてくる事だけが唯一の情報。

「大きな声でハキハキとナレーターをしてくれています。
 後は、タイミングの問題だけですが、練習を繰り返すことで
 徐々に自分なりのタイミングをつかんでいる朋ちゃんです」

と言うことだったので、きっと頑張ってくれるでしょう。

本が大好きであっという間に字が読めるようになったともかさん。
合同保育の時間帯にお迎えに行くと、小さい子供達を相手に読み聞かせを
していて、先生にも「今、朋香先生にお願いしてました」と言われる位
上手に読めるようになっていたともかさん。
ママも、朋ちゃん以上にナレーターに向いている子はいないと思うわ。

数年前のお楽しみ会で、年長さんがやはり2人の女の子がナレーターを
担当していて、本をスラスラと読んでいる姿を見て、あんな風になって
くれたら良いなと密かに思っていた、母の期待にしっかり応えてくれました。

明日は頑張ってね!
posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

就学前検診


11月14日(木)に就学前検診に行ってきました。

封書で送られてきた検診の案内。
そこに、あなたの学校の小学校はココですと、小学校名が記載されていて、
入学式の予定日も記載されていた。
こうやって小学校を宣言されるんだなーと、ちょっと不思議な感じ。

封書の中には致し方がない理由があれば(学童の関係とかいろいろ)
越境してもいいですよという案内。それから、特殊な取り組みをしている
公立小学校も数名募集をかけているので、そちらもどうぞ的な案内が
同封されていた。

まあ越境の予定はなかったし、特殊な取り組みをしているという小学校も
市内とはいえ、通学に時間がかかり過ぎでしょって距離の学校だったので
我が家には関係なし。

指定日は当然ながら平日の真昼間。
仕方がなく会議を調整して年休取りましたよ・・・
それなのに、前々日になって「俺、休みだから小学校一緒に行くよ」
とか言い出した旦那。親子3人で来る人なんていないよ!と思ったものの
旦那は行く気満々。でも、旦那と子供だけで行かせると大事な事を
聞き逃してきそうで心配でならないワタクシ。
しかたがなく、3人で行く事に。

14:00〜14:15の間に受付をするように書かれていたので、早く行って
早く済ませようと思っていたものの、ランチを同じ小学校の検診に行く
お友達としてしまったので、14:15ギリギリの受付に。
見事にビリからの1,2位になってしまって(笑)

ともかさんの通う小学校は1年生〜6年生まで全学年2クラス。
少人数の小学校なんだけど、今回の検診も最後のお友達の番号が58番
この日に受けられなかった子がいただろうけど、今日受けた中にも
私立や国立の小学校に行く子がいるので、ともかさんの学年は60人にも
行かない感じなのかも。すくなーーい!!

視覚、聴覚、歯科、内診とまずは身体の検診。
それぞれの先生(医者)がきていて、順番に並び診てもらう。
一応ともかさんすべて問題なし。
でもねーー。挨拶までは何度も私から「挨拶はしっかるするように」と
言われていたので「こんにちは」までは言えるものの、その後が
何か先生に聞かれても、モジモジ・・・モジモジ・・・答えても「聞こえません!」
って言いたくなるくらいの小声。。
いや〜本当にイライラしたわーーー。
一緒に行ったお友達が幼稚園からお受験をしていて、小学校ももちろん
付属の私立小学校に行くような子だったので、比べてしまって更に
イライラ増!!

内診の先生なんて、普段通っている小児科の先生で、知っている人なのに
保育園の名前を聞かれても、モジモジ・・・「つ・・・・ぼ」と。は?!って
私が言いそうになったよ(泣)

その後、「面談」と書いてあったので何をするのかと思ったら、5人ずつ位
まとめて別室に呼ばれて、ジャンケンをしたとか。
先生の話を聞いて、端から名前を聞かれて、その後、「先生が今からジャンケンで
出す物を言うので、それに勝つものを出してね」と言われて、全員で
ジャンケンをしたんだって。聞いた話だとそれで多動性とかを確認しているとか。
特殊学級に行くとかいろいろあるようです。

ともかさんはこれは難なくクリアしたようですが、帰り道にジャンケンの話になり
一緒に行ったお友達が1回出す物を間違えてしまったようで。
その子のお母さんに「○○ちゃんは間違えてあいこを出しちゃったんだよ」と。
まあ、もちろん何をしたのか聞かれたから、純粋に答えただけで悪気があった
わけではない訳ですが・・・
これも家に帰ってから、私からの雷が落ちた事は言うまでもありません。
「お友達の失敗やミスを、お友達自身が何も言わないのに、あなたがその子の
 お母さんに告げ口するような事をしてどうするの!!!
 これが逆で、ともちゃんが間違えた事を、お友達がママに話しちゃったら
 どう思う?イヤでしょ?よく考えなさい!!!!!」
大泣きしてました。ともかさん・・・

もう1つ今回私にすごく怒られたのが・・・
最後の「結果報告」
先生と個別に今日の結果について報告するわけですが、それは虫歯がなかったとか
視力は問題ないとかそういう話で「特に問題ないですね」であっさり終了。
親御さんから何か質問があれば…と言われましたがそれもなく。。
でも、余りにもあっさりし過ぎていたので、別にたいして気にもしてなかったんですが
「幼稚園と違って保育園なので、お勉強系は何もしていません。入学までにこれは
 出来ないとみたいなことがありましたら」
と、聞いてみたら
「名前が読み書きできたら、後は別にできなくて大丈夫ですよ。ともかちゃんは
 しっかりしてそうだから大丈夫じゃないかしら」
と、いつ何処の様子を見て「しっかりしてそう」と言う言葉が出てきたのかわかり
ませんが、褒めてもらって??終了でした。

そこで、先生が「また2月にも学校に来てもらう機会があるから、また来てね。
さようなら」と言ったんですが、ともかさん固まったまま「さようなら」が言えず。。
私が横から「ともちゃん」と促したら、先生がもう1回「さようなら」と言って
くれたのに、なんとあの人ったら「バイバイ」と手を振ったのーーーーーーー!!!

ありえない。。

小学校の先生にバイバイって。まあ、さようならをちゃんと言いなさいとは
教えてなかったけど。「さようなら」って言われたら「さようなら」って返すのが
普通でしょ?という大人の概念を、ものの見事に吹き飛ばしてくれました(泣)
小学校受験だったら、これだけでもうアウトですね…本当に穴があったら入りたかった。。

これについても「バイバイ」って何よ!!!と、私は激怒だったんですが、なんと
旦那は「え?良いんじゃない?小学校に入るまでにちゃんと言えるようになれば良いんだし
今は保育園生なんだから」とか言い出しまして。
もう、それにも頭にきて「はぁ?????そんな事言ってるから、保育園出身の子はとか
言われるのよ!バッカじゃないの!!!」と、怒りの矛先は旦那に向き。。
「今日だって、両親揃ってる人なんて誰もいなかったじゃない!恥ずかしかった!」
と言わなくても良いことまで言ってしまい。。「俺が行かなければ良かったのか」と
怒ったまま旦那は寝室へ。この一言だけは反省。でも、本当に恥ずかしかったんだもん。

しかし、その後も怯む事なく、ともかさんには「パパが言ってることは間違えてるから!」
と念押しした事は言うまでもありません。

そんなこんなで、私の大激怒で終わった、小学校初体験でした(笑)
posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

11月のお弁当


残り少ない保育園のお弁当の日。
何にしようかな〜と考えたけど、あまり良いものが思いつかず。
そして、大体そういう時は失敗するという私の法則通りに
今月は失敗作(笑)

くまもんを作ってみました。
が、「可愛いお弁当」は似ていなくても可愛ければOKなので
簡単だけど、「キャラ弁」は似てて何ぼですからねー。やっぱり
難しい・・・。余りにも似てなくて、自分でも笑える(^^;

DCIM0408.JPG
○ご飯
  くまもん
   中身は梅干のおにぎり。
   海苔を巻いて、目等々はチーズなどを使っています。

○おかず
  ・ミートボール 4つ
  ・プチトマト 1つ
  ・ブロッコリー 
  ・ポテト(月と星)
  ・ウインナー 2本(コーン入り)

○デザート(別容器)
  ・柿

とりあえず、ともかさんリクエストのミートボールは
入れたから由としよう!

この日はお弁当を持って、バスに乗って森に行ったそうで。
みんなでバスに乗って出かけることにもすっかり慣れた年長さん。
毎月、プチ遠足で園外に連れ出してくれる先生方に感謝です。

posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

運動会3


もう良いだろうって感じの運動会ネタですが。。

うちの保育園では毎年、年長さんがお習字で運動会の
看板の字を書きます。
今年もともかさんのクラスの子達がみんなで書きました。


※写真を撮りに行くのが遅くて、先生が外しにかかってました(笑)

どのような割り振りで自分が書く字が決まるのかわかりませんが
ともかさんは「ほ」。保育園の「ほ」です。

若干バランスが悪い気もしますが、まあ半紙1枚位の大きさに、
大きく一文字を書くのって、結構難しいですよね。
他のお友達もみんな上手く書けてます。

ちなみに、12月にあるお楽しみ会の看板もお習字で書きますが
ともかさんは「お」
お楽しみ会の「お」だそうです。当日が楽しみ。

それと、写真を見てもらうとわかるように、何となくみんな
お揃いっぽいTシャツを着ていますが、幼児クラス(3クラス)は
白いTシャツを夫々染めて、作りました。手作りです。

3歳児クラスは、染め粉を使って水色に。
4歳児クラスは、自宅からタマネギの皮を持ち寄って、皮を煮詰めて
染めたらしく、黄色のキレイな色に染まっています。

ともかさんの5歳児クラスは、巨峰の皮を潰して染めました。
3,4歳児と違って、自分達で皮も潰し色を出しています。
最初に保育園で食べた巨峰の皮だけで染めたら色が薄かったらしく
自宅で食べたものも是非・・・と協力の打診があり、みんな自宅で
巨峰を食べて皮を凍らして持参しました。

結果、グレーです(笑)若干渋すぎる(笑)

でも、雨のため運動会が2週間延期になったので、その間に
無地だったTシャツに、夫々思い思いの絵を描きました。
お花の子やなんだかわからない絵の子もいて、個性あるTシャツが
出来上がっていました。

ともかさんは・・・・


Tシャツの中にTシャツ!(オヤジか!!!)

先生が「このTシャツに絵を書いてください!」と説明した時
ハンガーにかけたTシャツを見せながら説明したようで、ともかさんは
Tシャツにハンバーも書きました。
ハンガーにかかっているはずが、Tシャツの上にハンガーが全て透けて
見えちゃったりしていますが、ご愛嬌で(笑)

先生に、「この絵・・・」と半ば呆れた感じで、もう少し何か違うものが
なかったのかと思いながら話しかけたら
「ともちゃんが、TシャツにTシャツを書きたい!って言い出して。
園長とも、それ面白い!!って盛り上がったんですよ〜」
と、すごく良い案ですよね的に返されて(笑)
何事もポジティブに考えなくてはいけませんねー(^^;

そんなこんなで保育園最後の運動会は終わりました。
posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

過去記事(20130710)

7月に書くだけ書いて、そのままにされていた下書きを発見。
最後までちゃんと書いてあったから、載せておこうと思う。

----------------------------------------
いろいろ出来るようになった事を忘れないように
書いておかないと。。

@うんてい
  DCIM0043.JPG
  3月に公園に一緒に行ったときに、うんていを
  一人で端から端まで制覇!
  前から出来ていたのかと思っていたら、なんと
  「今まではパパとかに押さえてもらってた!一人で
   出来たの初めて〜!!」
  と!押さえてたなんて知らないからさぁ。普通に
  はい、どうぞ〜って感じで一人で最初からやらせたよ(笑)
  スパルタ母のようだけど、知らなかったのが結果として
  自分での頑張りに繋がったのかも?!
  それ以来、余裕でどんどん出来るようになり、うんていが
  ある公園が当時のお気に入りに!

A自転車
  3月中旬に補助輪を外し、2回目の練習に同行。
  旦那から聞いていた通り、走り出しだけ支えてあげて
  ちょっと押し出してあげると、そのまま走行!
  先週、約3ヶ月ぶりに自転車で遊びに行くことになり
  ともかさんの自転車の様子をみたら、もうスイスイ!!
  段差もOK!立ちこぎも出来ていて、ビックリ。

Bたけうま
  保育園で流行っているらしい。
  母に聞いた感じだと、最上級生になった4月からかな。
  いろんな高さの竹馬があるらしいけど(足を乗せる高さが違う)
  ともかさんはかなり高い竹馬も乗れてるらしい。
  先生からのノートのコメントにも
  「ともちゃん竹馬得意なんですよ」と書いてあった。
  早い時間にお迎えに行くことがないから、見れないなぁ。。

C鉄棒(逆上がり)
  足抜きまわりなどは結構前から出来ていたんだけど、
  5月に見せてもらった逆上がりの練習風景では、
  まだちょっと出来そうにないな〜って感じだった。
  その後、母がお迎えに行く日はかなりの確率が帰りに
  公園に寄りたがる。そして鉄棒で逆上がりの練習を
  していると聞いていた。
  ある公園でよく会う小学生の女の子2人組みがいて
  1人の子は鉄棒は得意なのか何でも出来て、もう1人の
  逆上がりが出来ない子に、蹴り上げて上がる方法を
  教えていたらしい。教えてもらっている子も、あと少し
  なんだけど上がりきれないとか。
  ともかさんは、その様子を見ながら自分でも考えて
  いたんでしょうね〜。ある時からその小学生がやっていた
  ように、勢いをつけて上がろうとするようになったとか。
  6月中旬、「ともちゃん、今日保育園の鉄棒で逆上がりを
  やってみたら出来た!!」と報告される。
  その後、祖父母にも公園で披露したらしい。
  主人も見せてもらったと言う事で、結構私は最後に
  先週の土曜日に公園でやってもらうと、蹴りあがりの
  勢いをつける準備はしているけど、結局は腹筋と腕力で
  上がっていた(笑)
  足もぴんと揃っていて、ある意味すごいと思ったわ〜。
  DCIM0036.JPG

ちなみに、この写真の足をかけて手を下について降りるやつ。
DCIM0041.JPG
これもずいぶん前から出来ていたんだけど、5月20日に
公園でやっていたところ、両親の目の前で足がかかりきらない内に
手を鉄棒から離し、そのまま真下に落下。
とっさの事に、旦那も私も手も足も出ず。。。
結果、鼻の下に擦り傷が!!!
翌日、誕生日でディズニーランドで白雪姫になる大事な日だった
と言うのに!!!
化粧でも隠しきれない、傷が(笑)
よりによってこんな日に。でも、そういうもんなんでしょうね(笑)

----------------------------------------

いろいろ出来るようになったこと、書いておかないと本当に
忘れますね(^^;
posted by もえ at 23:45| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

10月のお弁当


10月のお弁当

定例のお弁当が秋になったので復活したのに加え、
今月は運動会もあり、2回お弁当を作りました〜。
まとめて。

19日(土)運動会
DCIM0309.JPG
○ご飯
  紅白ハチマキ 女の子
   何と!具を入れ忘れただの白米おにぎりです(笑)
   頭と顔のパーツは海苔。
   ハチマキはカニ棒の表面の赤と、中身の白を使ってます。

○おかず
  ・お花ウインナー 1.5本
  ・かまぼこ 3切れ(紅白にしてみた!)
  ・ウズラの卵 (1の海苔乗せ)
  ・ブロッコリー
  ・ニンジン

※おかず、デザートは大人と共に別途有り


24日(木)芋ほり遠足
DCIM0334.JPG
ハロウィンを意識して作ってみました
○ご飯
  ジャックおにぎり
   (初の梅干!食べれるようになったんだって〜)

○おかず
  ・コウモリ(チーズと海苔で作成!)
  ・ハンバーグ(チーズ入り) 2本
  ・ウズラの卵 顔付き 1つ、ハム巻き 1つ
  ・枝豆
  ・プチトマト 1つ
  ・ブロッコリー

○デザート
  ・柿 1つ

芋ほりは小雨の中、バスに乗ってバス停から20分歩いたところに
ある畑へ。1つ下の学年の子たちが来る前に、ツルを片付けて
なんと300本もの芋を掘ったらしい。

「骸骨のおにぎり、全部食べたよ〜」と報告してくれたので
コウモリに気づいたか聞いてみたら、「??」の表情。
「チーズの??骸骨のリボンかと思っちゃった」だそうで。
確かに置く場所が悪かった(笑)

保育園のお弁当も残すところあと5回。
早いですねぇ。。
posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

初 虫歯!


2〜3週間前から、ともかさんの口に気になるものが・・・

それは、左下、奥から3番目の歯。
磨いても茶色いものがへばり付き、取れない・・・
ちょっとガリガリと、やってはみたものの取れない。

歯医者に行かなくては…と思いつつ、実は2番目の歯が抜けた時に
もう一息で抜けそうだけど、永久歯がかなり大きくなってしまったのに
まだ抜けない・・・
これは歯医者で抜いてもらわなくては!と思って、予約をしたのに
保育園で抜けてしまった!でも、あの紛失騒動で、歯医者の予約を
取り消すのを忘れてしまったんですよね〜。
ってことで、ちょっと予約しずらくなってしまい。。

でも、虫歯だったらさすがにあまり放っておくのも良くないと思い
ようやく予約をして行って来ました。

結果、やっぱり虫歯だったぁ(>_<)

レントゲンを撮って先生からされた説明は、
「神経までは行っていないから、大丈夫です。
 でもそんなに深くはなっていないけど、まだ永久歯に生え変わるには
 この歯はまだ先だから、治療は必要ですね。
 虫歯を削って、埋めておきますね」
とのこと。

下の歯は、一番奥の歯はもう永久歯が生えており、上の奥歯も
歯茎が膨らんでいるから、もうすぐ生え始めるらしい。
「この時期は虫歯になりやすいんですよね。
 でも、この位置の歯は、子供の80%が虫歯になっているから
 お母さん心配しなくていいですよ」
と、慰めてくれた(笑)

ともかさんは、先生が「先生が5数えるまでに終わるからね〜」と
言いながら、わざとチューンって音がしないタイプの機械に変えて
治療をしてくれたりしたので、全く泣く事もなく「痛くなかったよ!」
と、最後までしっかり頑張ってました!アッパレ!

最後に虫歯予防の為に薬を塗ってもらった時も「甘くて美味しい♪」
と喜んでいたし(笑)

1回で治療終了。
大事に至らなくて良かった。永久歯も増えてきたから、歯磨きは
気をつけなくては。

帰り際、ともかさんの永久歯で気になっていた事を先生に聞いてみた。
気になっていた事は、生えてきた永久歯の下の前歯2本、両方とも
歯の上が波を打った様な形(山並みともいうかな)で、真っ直ぐではない。
大人って歯が真っ直ぐだし、ともかさんの乳歯だって真っ直ぐである。
そうしたら
「あーそれが正常です。最初から真っ直ぐの歯が生えてきたら
 そっちの方がびっくりですよ!
 最初はみんな波を打ったようになっていて、物を食べることでだんだん
 削れてしまうんですよ。大丈夫です」
と言うことでした。
ちょっとだけそうかな・・と思ってはいたものの、先生から正式に聞けて
良かった!

面白かったのは、レントゲンを撮って戻ってきた時のともかさんのセリフ。
歯の写真を撮りに行きましょうと促されて、レントゲン室に行ったので
「なんか、カメラじゃなかったよ」
と、報告してくれた。確かに!子供だったら写真を撮るなんて言われたら
カメラで普通に撮ると思うよね(笑)

それと、家に帰って来てから、
「写真撮りに行った時に先生が、ともかの歯を抜こうと思って待って
 たんだよ。って言ってたー」
と言われ。あら。予約をキャンセルせずにブッチした事。
私には注意しなかったのに、子供にはさりげなく伝えたのね(笑)
次は4ヵ月後の定期健診。
次回は気をつけます(^^;
posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

子どものアトリエ 続き


先日の横浜美術館 子どものアトリエの続き。

今日保育園にお迎えに行ったら、入り口に掲示板があり
「先日たいようさん(ともかさんのクラス)が横浜美術館に
 行った際に作成した絵が届きましたので、ホールに展示しています」
とあり。
ほ〜どれどれと思いながら入っていくと、ありましたよー2枚!
それも、どっちもデカ!!!!

DCIM0107.JPGDCIM0108.JPG

1枚は壁に貼ってみたものの、天上からの丈が足りず床に引きずり(笑)
もう1枚は、ステージ上の吹き抜けになっている所に、2階から
吊るしてくれていましたが、どちらも大きくてビックリ!!!

1枚は写真を見ていたから知っていたけど、同じ巨大な紙が2枚!
(あれ?布だったかな??)
これは、楽しいだろうなぁ(^^)

ともかさんが「ともちゃんはこの色だったから、葉っぱをかいたんだー」
と、書いたところをいくつか教えてくれました。
確かに葉っぱ(笑)



枝は先生が書いたとのことで(保育園の先生か美術館の先生かは不明)
そこにみんな思い思いの花や実、葉っぱを書いていました。
割り当てられた色で、自分は花かな。葉っぱかなと考えて書いたみたい。

最近のともかさんの成長の一つで、こういう時の割り当てられた色や
帰りの電車で配られた飴や、他でも「自分が良いと思った物ではない
物を割り当てられても、我慢をして、その上で楽しめるようになった」
というのがある。

「ともちゃんね、本当はあっちが良かったけど、でもこれでも良いんだよ」
みたいな発言を聞くようになりました。
我慢して、その上で楽しめるって大事だよね。

基本、一人っ子なので家では何でも自分の思いのまま。
だから、人に譲るとか分け合うとかいう経験がないわけなので、だから
外ではのんびりで別にいいよ〜ってなってしまう。という見方もあるけれど
私は人と分け合う。我慢をするということをお友達との間で身に付けて来たと
思いたい。成長の一つとして、そういう話を聞くと必ず「偉かったね」と
ほめる事にしている。

ちょっと甘い子育てだけど、良いよね?!(笑)

あっ、脱線しましたが、やっぱり「子どものアトリエ」は楽しいらしい(笑)

ともかさんたちより8歳年上のお姉ちゃんがいるママに聞いた話では
そのお姉ちゃんの学年が子どものアトリエに行った時は粘土がメインで、
後からものすごい量の粘土が保育園に貸し出しされてきたらしい(笑)
でも、粘土の貸し出し??そんなに使いましが利く物なんだろうか??

※補足
  イマイチ規模感がわかりづらい写真だったので、作成した絵の前に
  子どもを立たせて写真を撮ってみた。
  子どもの身長は110cmちょっと位。
  絵はこれでも下のほうを50cm位床の上に引きずっています。
  かなりの大きさなのがわかっていただけたかなと。
  2013-0731-083144578-DI.jpg

  データの容量を減らすため、写真を小さくしているので、クリックして
  大きくして見てみてくださいね〜!
posted by もえ at 23:45| 神奈川 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。