2009年09月27日

14日、15日、16日目(病院に行って来ました)

14日目の体温  36.26度
15日目の体温  36.35度
16日目の体温  36.09度


シルバーウイーク中に病院に行って来ました。
予約の電話をしてみたときに、「連休中もやっていますよ」と
電話に出た受付の方が教えてくれたので、休んで行くよりは休暇中に
行った方が良いかなと思ったのと、ちょうどその頃は排卵の少し前
だったのでタイミング的にも良いかと。

最初に行ったときに他の検査もしてもらおうとおもって、その準備や
タイミングを計れてしまうところが、通院慣れしてる感じで自分でも
嫌になりますが(^^;


病院に行ったのは22日(火)で、11日目。
案の定、「排卵は明後日だね。」という診断でした。予定通りです。
と言っても、私の場合排卵が遅い人で、昔もよく明日、明日といわれ
何度か排卵確認に連日通った記憶があるので、実際の所はわかりません。

今回は私の3ヶ月分の基礎体温表と、過去の治療の履歴(大雑把に)と
内診、フーナーテストを元に今後の方針などの話を先生としました。

私ったら何でかすっかり先生は女医さんだと思い込んでいたんですが、
実際は60歳くらいのおじいちゃんで(笑)あれれ??って感じでしたが
優しく話しを聞いてくれ、これはこうでとかきちんと話してくれて
最初の感触としてはとっても良い感じです。
ただね・・・声が小さいのよ。え?聞こえませんでした!!って言いたく
なるくらいに小声。何故に?そんなに小声?と突っ込みたくなる位で(^^;

私の治療履歴を見て、
「これが原因で、人工受精に進んで体外受精にと進めれたんですね」
と的確に判断した後、
「こういう方は波があるんですよ。その波を逃さないようにしないと。
 そうでなければ、体外受精をしても出来ないんだよね」
と言われました。それはたぶん私が一人出産していると言うことを
踏まえて話されたんだろうな〜と思います。
「一人目を授かった時の事をよく思い出して、その状態に持って
 いけると一番良いんだけど」
と言われました。が、そう言われましてもねぇ・・・。。

私が心配していた検査の結果はやはり良くなく、結局原因は3年前と
一緒なんだということがハッキリしたわけです。
私はそれを心配していたので、体外受精をすぐにでもと思っていた
んだけど、先生は原因がそこにあるなら、体外受精をしても出来ない
という見解の様子。ん〜。どうなんでしょうねぇ。これって。

先生には次回は一応旦那の検査と、私の排卵確認に来ればいいとだけ
言われました。

私の血液検査もしたので、最後の処置室で看護師さんが基礎体温表を
みながら、この病院ではこういう方針でとか話してくれ、質問は
ないかなども聞かれ、先生に聞けなかった分はここでフォローをする
という体制のようでした。

初診は1時間待たないで呼ばれますからと言われていたとおり、確かに
最初は40分位で呼ばれたものの、結局診察全てが終わるまでは
2時間以上かかり、外でともかさんの面倒を見ていた旦那はグッタリ
と言った感じでしたわ(^^;
この病院、予約方法が独特で、しかも2〜3時間待ちは当たり前
という事だったので、ちょっと通ってみて様子を見て、あわないな〜
と思ったらまた考えようかなと思います。

posted by もえ at 23:45| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 不妊治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
予約なのに2〜3時間待ち?!
予約の意味無ぇ〜的な感じですね。
診察、そんなにかかるんだ。
大変なんだなぁ…。
Posted by なつ at 2009年09月29日 09:54
>なつさん

そうなの。そうなのよ。
予約してもその待ち時間って??って感じなのです。
何でも朝一に30分だけ予約が出来る時間帯があって、その時間に
みんなが一気に予約を入れるので、それで自分の時間を予想して
行くらしいんだけど、じゃあ、会社帰りに行く人は?って聞いたら
直接病院に行って予約するしかないと言う。。
わけわかりませんわ。
Posted by もえ at 2009年09月29日 10:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。