2009年01月11日

悲しいお別れ

一ヶ月前、悲しいお別れがありました。
ともかと同い年で心臓病を患ってしまった男の子。

心臓移植のために渡米までは出来たのに、移植手術をする前に
亡くなってしまいました。
今日はそうちゃんの月命日です。
 
昨年の11月初旬から毎日ブログを見ては、元気なそうちゃんの
写真を確認して1日も早い渡米と移植を望んでいました。
そうちゃんの頑張っている姿を見ては、涙し、私も頑張ろうって
日々の励みになっていました。

会社で募金活動があった時ももちろん募金をさせていただいて
わずかながら力になれたら良いなと毎日、毎日そうちゃんの
ことを考えていました。

私の頭の中を見ることが出来たら、きっとともかさんは
やきもちを焼いていたでしょうね。保育園で他の子供を抱っこ
するだけで嫉妬するですから、自分より「そうちゃん」という
男の子を毎日、毎日思っているなんて。

元々子供好きではない私が、何故ここまでそうちゃんへの
思いが強くなったのか自分にも理解できないのですが、きっと
子を持つ親になり、私の中にも変化があったんでしょうね。。


そうちゃんが亡くなってからしばらくは、悲しすぎてそうちゃんの
お母さんが書かれているブログを見ることが出来ませんでした。
以前の日記にも触れたことがあったので、ここで残念な結果に
なったことを報告しなくちゃと思いつつ、涙が止まらなくなるので
書けずにいました。

やっと、そうちゃんのお母さんのブログも読めるようになったので
読者になるためにAmebaにも登録しました。

どうして、子供の心臓移植を日本では認めてくれないんでしょう。
なぜ、こんな辛い思いをしている人がいるのに、政府はもっと
理解を示してくれないのでしょう。

これ以上書くと明日、目が腫れるといけないので・・・

そうちゃんのお母さんのブログ →http://ameblo.jp/sounami/


posted by もえ at 14:35| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。