2014年04月30日

家庭訪問

4/21は初めての家庭訪問でした。
入学式より先に書きますけど(笑)

我が家は13:30でクラスでトップパッターだったので、
半休では間に合わず年休を取ることに。
そろそろ帰ってくるかな〜。一番だから、先生と一緒かも?
(私の頃は、1番最初の子は先生に家を案内しながら一緒に帰った
記憶があり)なんて思いながらインターホンがなるのを待っていたら…。

「ただいま〜!!」と元気な声が玄関から聞こえてビックリ!
ともかさんが一人で帰ってきたんだけど、マンションの下から
インターホンで呼ばれるとばかり思っていたので、あれれ???と。
鍵は持たせてはいるので自分で開けたのか聞いてみたら、
「一緒になったお兄さんが開けてくれた!」
とのこと。玄関の鍵は開いていたらしい(^^;

ふと思うと、子供が一人で学校から帰ってきたのを家で迎えてあげるのは
初めてのこと。フルタイムで働いている私にとっては非日常的な世界。
(もちろん保育園時代もなし)
元気な声の「ただいま!」を、専業主婦だったら毎日聞けるんだな〜と
思ったら、羨ましくて、何か仕事辞めたくなっちゃったな〜(笑)

さて、肝心の先生ですが、時間になっても現れず。。
家の電話に携帯から着信。あれ?今学校出たのかな?と思ったら
「すみませーん!道に迷ってしまって!」と(笑)
すごくわかりやすい場所にあるマンションなんだけどね。

5分後先生到着。
着くなり「玄関だけで結構ですので」と早々に断られ。
立ち話で5分で終了。

@学校ではとても頑張っています。頑張っているので、そろそろ
 疲れが出る頃じゃないかと思うので気を付けてあげてください。
A問題は全くありません。何かあれば連絡帳でお知らせしますが、
 良かったことや褒めることはあまり書く機会がないので・・・
Bとてもしっかりしたお子さんだなという印象です。
C(私が内弁慶だから最初が心配だという言葉に対して)
 確かにクラスでは比較的おとなしい感じです。大声で騒いだりは
 していないです。が、今日 日直だったんですが、男の子を
 引っ張って行く感じでした。前に出るときも「行くよ」と促して、
 前に出てからも、声も誰よりも大きな声ではっきり話していて。
 すごいなーと思います。
 きっと、まだ本領を発揮していないんだと思いますが、今日
 その一端を見た感じです。

こんな感じで終了。
ここでも、保育園でどの先生にも言われ続けた「しっかりしている」
を言われてしまったわ(笑)
悪いことじゃないんだけどね。でも、それはともかさんの努力の結果だから。

2月にあった、保育園最後の面談で、園長に言われた事を思い出した。

「ともちゃんは、小学校に行っても何の心配もないと思うわ。
 しっかりしているし、これからも頑張っていけると私も何にも心配
 していません。
 お母さんだって、今まで何か出来ないことがあったり、困らされたりして
 心配になったことないでしょ?
 子育て、楽だったんじゃない?

 ともちゃんは、クラスの女の子で一番年上って事もあったけど
 先生達も口には出していなかったけれど『ともちゃんなら出来る。
 ともちゃんに任せておけば大丈夫』と常に思っている所があったと思う。
 もちろん、私もね。それはきっと言われなくても、ともちゃんは敏感に
 感じ取っていて、その期待にずっと応え続けてきてくれたよね。

 でもね、簡単に出来ることばかりじゃなかったと思うの。
 「私はすぐに出来たよ」とすましていることが多かったけど、
 影で努力していたと思う。
 まあ、出来るから自分の事を後回しにしてお友達の手伝いをしたりして
 自分のこと先にやって〜って事もあったけどね(笑)

 小学校に入っても心配は何にもないと思う。
 ただ、ずーっと頑張り続けているから、それが折れた時が心配よね。
 もしね、それでグレちゃったりすることがあっても、ともちゃんは
 自力で戻ってこれる子だと私は思うし、そう信じてる。」

そんな、グレるっていったい何年後まで心配してくれるんだろうっていう
園長の話だったけど、まあ、言い当ててるというか、ともかさんの保育園
生活の6年間は『努力の6年間だった』と私も思っている。

誰よりも早く字を読めるようになっても、のぼり棒にクラスで1番に
上れるようになっても、竹馬の高い方を上手に乗れるようになっても、
「ともちゃんはみんなより年上なんだから、出来て当たり前。
 自分より月齢が下の子と比べてどうするの?」という私のスタンスに
ずっと頑張って努力して応えてきてくれた。

園長に「私、ともちゃんを褒めることって余りないんですよね。
出来て当たり前だと思っているし、出来なくてどうするのと思っていて
それをそのままともちゃんに伝えてきました。」と伝えると
園長は笑いながら「良いんじゃないかな?褒める必要はないと思うよ。
だめなことはだめだと教えてあげられているなら、必要以上に
褒める必要はないと思う」と言われた。

ちょっと意外な園長の返事に「え?そうですか?」と戸惑ったけど
私の育児を否定されてないことに、ちょっとホッとした。

まあ、私はもうちょっとともかさんに優しくしても良いんだと思う。
他の親はもっと優しいんじゃないかと思うことがよくあるから。
実際他のお母さんに「突き放し過ぎでしょー」と言われた経験あり(^^;

また小学校での「頑張る。努力の6年間」が始まったわけで。
私は園長の助言どおり、折れそうな時に支えてあげられる存在でいたいと
改めて思ったりした、そんな新学期。


posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

謝恩会

今回の卒園式、親の係りは「送る会」での幹事役の年中さんと連携し
出欠を取ったり進行を決めたりする「送る会係」と、送る会で先生に
お渡しする記念品を作成する「記念品係」そして園での行事が終了後
開催する謝恩会を担当する「謝恩会係」と分かれていて、私は3つ目の
謝恩会係。

謝恩会は会場探しで良し悪しがかなり違ってくるということから、
係りを決めた12月の忘年会直後から活動開始。

卒園生のいる保護者から、雰囲気を聞いたり、店選びのヒントを
もらったりしたんだけど

○下の子がいる家庭もあるし、子供たちも疲れるだろうから
 最寄り駅そばの会場は必須
○14時には送る会が終わるので、出来たら早い時間帯に実施が良い
○回避は大人1人3,000円〜4,000円程度

等々の情報。
まあ、最寄り駅が快速の止まる大きな駅だから百貨店もあるし
その中のパーティースペースとかもあるよ〜なんて聞いていて
片っ端からあたってみる。

が!!!!まだ12月だというのに、その店、会場も軒並み良い時間帯は
予約でいっぱい!
お店の人によると、お日柄も良くて(友引)、3月1日は高校の卒業式でも
あるので、すでに予約が続々入っているとか。。
ファミレスに集まり、知恵を出し合い、その場で電話をして予約の
確認を聞いたりして。。ようやく取れた場所が、最寄り駅の百貨店の中の
パーティースペースなら15:00〜17:00(案A)又は電車に10分くらい乗った
駅から徒歩8分位の会場。そこなら17:30スタートが可。(案B)

14時まで保育園で送る会なのに、15時から謝恩会じゃそのまま行かないと
いけないし、お腹もすかないよねーという幹事の間では、案Bが有力候補。
でも、下の子がいると電車に乗っての移動とか大変なんじゃないかという
他の係りなのに意見を結構言ってくる保護者もいたので、結局全員に
アンケートをとることに。めんど・・・

年末まで締め切りでアンケートをとってみると、結果はまあ半々って感じ。
やはり案Aは近場だということだけが案Bに勝っているのに、謝恩会係りの
表を除くと、案Aが圧倒的勝利(笑)
でも、全体で見たら半々だから、案Bにしよう!と押し切ってみましたわー。

実際に下見も行ったけど、案Bの方がすごく良かったしね♪

当日は幹事は30分前に集合。
あらかじめ決めた係り分担の準備に。
私は当初から連絡係りで案内をみんなに出したり、集計をしたりという
仕事だったから当日は結構フリー!
でも、旦那が司会になってしまったので、違う意味でドキドキ(笑)

会場は結婚式の二次会(披露宴も出来そう)なひな壇もある部屋で
その階は私たちだけで貸切。

エレベーターを降りたところに受付を設け、順次受付をしてもらい
来た人からお酒もどうぞシステム。
(事前に会費の召集済み。席も幹事が決めた、円卓10名が8卓)

まずは集合写真!
これがここのウリの1つで、会の初めに写真を撮っておくと、帰りには
印刷をしてひと家庭に1枚ずつ配ってくれる。
大人数の集合写真の後、旦那の司会で開会。

が、音楽がAKBが流れていたら、係りでもなんでもないただ乗りの良い
お父さんが、子供たちに踊るように促し、子供たちが前に出てきて
踊りだして大騒動に。。

子供は楽しいかもしれないけど、こちらは2時間で組んでいる進行表が
あるので、イライラ。。どうして足並みを崩すようなことをするんだ!
と、イライラが顔に出てたかも(^^;
司会の旦那はマイペースに、良いよ、子供たちも楽しそうだし。と
のんびり。。
kari1.jpg
ようやく乾杯をして、この謝恩会用に一人のお父さんがDVDを作って
くれたので、それを見ながらお食事。
0歳児クラスからの写真を見て、子供の成長を改めて感じて、泣きそう
だったよ(笑)

お食事はヴィッフェだったけど、量も豊富だったし、味も美味しかった♪
飲み物も飲み放題でバッチリ。

お食事が良い感じで進んだところで、ビンゴ!
景品は500円程度で、女の子は女の子用に、男の子は男の子用に当日
各自持ってきてもらったもの。
ビンゴ初体験の子供たちは大盛り上がり!
司会は謝恩会係のお父さん3人。
最初はなかなかビンゴにならない子もいて、大丈夫かな?って感じだったけど
ビンゴが出始めると、子供たちも景品を見せ合って楽しそう!
時間も良い感じで稼げて、楽しい催しに。

その後、お店側から保育園の名前入りのハニートーストが振舞われ、
子供達、長蛇の列(笑)

その後、運動会でみんなで踊った曲を流し、子供達ダンスで大盛り上がり。
送る会用に練習した「たいせつなともだち」を大合唱。
ここでは、男の子は肩を抱いてみんなで一緒に歌っていて、その姿に
親は涙涙。

大盛り上がりの2時間でした。

この盛り上がりは2時間だけじゃ足りず、その後8割の家族が参加して
同じビルの下にあるカラオケボックスで2次会。
ビル全体が同じ会社が運営をしているので、そこは連携をとってくれて場所も
しっかり確保してもらえて、大正解。

カラオケボックスでは子供だけではなく大人も大盛り上がり。

終わって駅までみんなで歩いて電車に乗って、もっと遊び足りない気持ちを
押さえお友達と別れて家にたどり着いたのは22時半近く。

長い1日でした。。

最初は最寄駅周辺じゃないとーと言っていた保護者も、すごく良い会場だったし
盛り上がってとても楽しかった!って言ってくれて一安心。
大成功の謝恩会でした。

本当に楽しい1日だったな〜〜〜。
楽しかった6年間の保育園生活が1日に凝縮されたような、そんな1日でした。
posted by もえ at 14:54| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

卒園式

早くも4月も中旬。
あっという間に、ともかさんの保育園卒園、小学校入学という
大イベントが終わっていきました。

子供の成長は本当に早い。

3月1日
保育園卒園式

雨の心配されるどんよりとした空の朝でした。
ともかさんたっての希望で、私とお揃いのスーツを卒園式用に購入。
左胸には保育園の先生手作りのコサージュをつけてもらい、髪は
巻き髪にしたのに、当日の湿気で落ちてしまって。。
でも、黒のカチューシャをつけてちょっと可愛く。

保育園は月齢順に並んでいるので、ともかさんは3番目。
女の子ではトップに名前が呼ばれます。
ホールのステージには子供たちが座る椅子が並べられ、その真ん中に
花道が出来ていて、一人ずつそこを通り、園長から卒園証書を頂きます。
あっという間にともかさんの番になり、しっかりした足取りでステージに
上がるともかさん。

「卒園証書 ○○ともかさん
 6年間よく頑張りました!」(中省略)
と、園長が卒園証書を差し出すと、しっかりと右、左と順番に証書を
つかみ、「ありがとうございます」と大きな声で挨拶をして受け取りました。

ともかさんの保育園ではこの後、振り返って父兄の方を向き、卒園証書を
頭上に掲げ、自分の頑張ったこと等を一言発表するのが慣わし。
ともかさんは
「夏のプール。息が苦しかったけど、毛伸び頑張りました!」と
堂々と発表!

何を言うか事前に聞いていなかったので、今頑張っているプールのことを
発表するなんて、ともかさんらしいな〜とジーンとするワタクシ。

他のお友達もみんな大きな声で発表出来ていて、とても成長を感じました。

全員が席に着くと、園長のお話、理事長のお話と続きます。
その間もちゃんと座ってお話が聞けてる子供たち。本当に大きくなったね。
在校生との恒例の掛け合いも、みんなぴったり合ってとっても素敵でした。

卒園生だけで歌う歌は「虹」
とっても大人っぽい良い歌で、何度も出てくる「きっと明日は良い天気」と
いうフレーズ通り、この子達の未来は明るいものに違いないと感動。

みんなで歌う「みんなともだち」
一人ずつ名前が出てきて、その子の性格や印象を先生が歌詞にしています。
これも毎年恒例な歌。
ともかさんは何て歌詞になるのかずっと楽しみにしていたのよね。
「しっかりともかちゃん。お当番しっかりと」という歌詞になっていました。
○○(性格)な○○ちゃん(君)、だから○○ という構成になってます。

その後、先生からの歌。
先生全員が歌ってくれる歌は毎年違い、とても感動的。
ビデオで先生方を撮影していて、先生の涙にもらい泣きしそうになる。

最後は園で作成してくれた、0歳児からのスライドを投影しながらの退場。
20人の卒園生中14人が0歳児から6年間一緒に育った仲間。
残りの6人も1歳や2歳からの子が大半。
自分の子供のように成長を見てきた20人の赤ちゃんの頃からのスライドに
父兄一同感動でした。


その後、年中さんが中心になって企画をしてくれる「送る会」までの間
教室で、一人ずつ作成されたアルバムや作品集を渡される。
これまた0歳児からの、先生方が保育園で撮影していてくれた初めて見る
写真ばかり。作品も都度返されていたら紛失してしまっていただろう貴重な
ものばかり。これを20人分作成したのかと思うと、先生方の苦労と愛情を
感じずにはいられません。

園庭では在園生が花道を作ってくれて、その中を歩いて送る会会場へ。
ここまで雨が持ってくれて本当に良かった。

送る会では、卒園生の父兄で作成したスライドを上映。
これまた0歳児からの写真に親がコメントをつけたものと、育児休暇中だった
お母さんが、保育園の遊びの時間帯に子供たちに一人ずつインタビューをして
くれていた。質問は名前と大きくなったらなりたいもの。
男の子は仮面ライダーが大人気!かなりの数の子が「仮面ライダーになりたい」
と答えていたので、平和な街が築かれることでしょう(笑)
他には宇宙飛行士や、ミュージシャンという答えも!
女の子にはケーキ屋さんが大人気!あちらこちらにケーキ屋さんが出来ちゃうね。
お母さんがお医者さんの女の子は、将来は医者になると答えた子もいたし、
お母さんになりたいと言っていた子もいました。みんな可愛いね。
そして、我が家のともかさんは「招待の夢は、オリンピックに出たいです!」と
元気に答えていて、出席者みんなから大きな歓声を頂きました。
えっと…まずは、種目から決めないとね(笑)

その後、ひと家庭ずつステージに上がり、親から子供へのコメント。
家で言うから良いよ!とずいぶん抵抗したんだけど、これは園長のこだわりで
子供たちも頑張って卒園式で一言言っているんだから、親も!とごり押しされて。。
ひと家庭1分の持ち時間。基本は片親からコメントだけにしようと決められていて。
我が家は当然パパに押し付けました。(文集は私が全面的に作ったからね〜)

「今日は泣かないよ!」と言っていたパパですが、このコメントで…。
泣きながら話したコメントは良かったよ〜。他のお父さん、お母さんにも
「ともちゃんのパパのコメントで泣いちゃったよ」とたくさん言われたしね。
最後の「オリンピックに出たいと初めて聞いて…何をしてあげたらいいのか
全然わからないけれど、全力で応援します!」にはみんな泣き笑い。
マイクを司会者に返そうと思って、私が振り返ると、後ろで司会のお父さん
(年中さんのお父さん)が目が真っ赤になっていてビックリ。
後で旦那もこの司会のお父さん(結構知り合い)「泣かせないでくださいよー」
って言われたらしい(^^;

その後、私の発案でチャレンジの「卒園式または謝恩会で歌ってくれる幼稚園・
保育園限定」に応募して見事当たって、クラス分全員のCDを頂き、この日までに
みんなが各自で練習を重ねてきた「たいせつなともだち」を卒園生と親で合唱。
先生へは当日まで内緒にしていて、サプライズでの歌のプレゼントに普段泣いた所を
見たことないと言われていた園長を始め、先生方(特に担任)がすごく感動して
泣いている姿を見て、発案者の私は一安心。
「先生と別れるのは辛いけれど、大丈夫。素敵な1年生になる」という歌詞に
子供たちも泣いている子が結構いたなー。

その後、送る会担当の卒園生の父兄が作成した先生たちへのプレゼントを子供達が
渡して、予定より1時間近くオーバーをして送る会終了。

なかなか名残惜しいものの、その後の謝恩会までの時間が迫っていたので、
園を後にすることに。
「先生、また月曜日に」と、こんなに涙涙でお別れをしても、3月31日までは
また普通に登園するという、保育園ならではのなんだか不思議な光景。

でも、本当に良いメンバーに恵まれて、先生たちの愛情をたくさんうけて
楽しい6年間でした。


謝恩会はまた長くなるので別で書こうかな。
posted by もえ at 09:19| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。