2013年04月24日

・・・


先週、保育園のお友達のお父さんがお亡くなりになりました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130422-00000561-san-soci

筋委縮性側索硬化症(ALS)という病気を発症されたのが、
ともかさん達がまだ3歳になったばかりの7月(約3年前)。
私たちクラスメイト保護者に、その病気の事が告げれたのは翌年の3月。
3歳児クラスの終業式の後の懇談会の場でした。

上記の記事の通り、トレッキングをした経験を記事にされたり、講演会を
行っている方だったので、60歳を過ぎている子供たちの保護者としては
高齢ではあるけれどいつも元気なパパが、教室に杖をついていらっしゃいました。

いずれわかることであるし、杖をつかないと歩けなくなってきたので
今の内にお話をしておきたいと言うことで、どういう病気にいつからかかり
今後どのように対応していくつもリカを、ゆっくり丁寧にお話してくれました。

「歩くことを仕事にしてきたから、人一番自分の筋肉には敏感で、
 これは何かおかしいと思い病院に行ったところ、ALSと診断されたのが
 去年の7月でした」

と。。
実は私は今から10年ほど前の職場で、この病気にかかられて闘病の末
お亡くなりになられた方がいらっしゃって、病気の簡単な知識や進行したら
どうなるのかなどを理解していました。
だから、病名を聞いたときにはなんと表現してよいのかわからない気持ちが
込み上げてきて・・・奥さんの方を見たら、既に目にいっぱいの涙を浮かべて
いらっしゃって。

説明後、園庭でお父様と少し話をできたので、実は同僚で同じ病気に
かかられた方がいた事をお伝えし、最後の最後まで会社に来られて頑張って
いた事もお伝えしました。(その方は、最後は車椅子で毎日奥様が専用
タクシーで送迎をされ、会社でも部下が付きっ切りでお世話をしていた。)

「その方は呼吸はどうされてた?」
と聞かれて(喉の筋肉が動かなくなるので)
「喉に穴を開けて呼吸器をつけていらっしゃいました」
と答えると
「そうか・・・いずれは呼吸が出来なくなって死ぬ。それを防ぐ為には
 そうやって呼吸器をつけるしかないんだけど、それをするとほとんど
 動けなくなってしまうから、妻の負担を考えると踏み切れない。
 ただ、子供が小さいからね。少しでも長く生きてあげないと・・・と
 思うと難しいところだよ」
という会話をしたことが今でも忘れられない。

病状は医師も驚くくらいに進行が早く、あっという間に身体の自由が
きかなくなり、寝たきりの生活にずいぶん早くからされていたと思う。

奥さんが育児に介護で本当に疲れていたので、保育園のクラスメイトの
4家族で毎週水曜日に当番制で、保育園からお子さんを一緒に連れて帰り
ご飯を食べて、お風呂に入れ、後は寝るだけにして22時近くにお迎えに
来るお母さんに引き渡すと言うことを、丸2年くらい続けていました。

ともかさんは、お友達が家に来てくれるということが嬉しくて、進んで
お部屋の掃除もしてくれたし、帰るときもいつもの何倍もの速さで荷物を
まとめて帰り支度をしたり、「これ、○○くんが来た時に一緒に食べる!」
と準備をしたり、お子さんを預かることは大変ではあったけれども
それを上回る、交流が持ててよい経験にもなりました。

お子さんも私が作る夕食を見て「○○くんの好きなものばかり〜!」と
毎回言ってくれるような、気遣いの出来る本当に良い子です。
P1000476.JPG

この冬は肺炎にかかってしまい、それ以降なかなか良くならず、入退院を
繰り返されていましたが・・・奥さんが介護休暇に入り、毎日家にいられる
ようになってからたったの1週間で逝かれてしまいました。

「これからは2人きりになってしまう」とお別れに伺った時にママが
言っていましたが、クラスのみんなで盛りたてて支えていけたら良いなと
思っています。

お子さんのこと、お仕事のこと、心残りはたくさんあると思いますが
どうか安らかにお眠り下さい。
ご冥福をお祈りいたします。

posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

ヤマハ 幼児科修了


昨日(4/20)に無事、ともかさんがヤマハの幼児科を修了しました。
先生から、修了書を頂きました。

1366590395376.jpg

「このクラスは親御さんも単なる付き添いではなく、一緒に学ぶという
 姿勢でたくさん協力して頂き、また昨年度はコンクールにも出席し
 一つでも多くの思い出が出来て、とても授業のやり易いといっては
 いけませんが楽しいクラスでした」

という先生の最後の言葉があり、「おんがくなかよしコース(3歳児クラス)」
「幼児科(4~5歳児クラス/2年間)」の3年間に及ぶ、グループレッスンが
修了しました。

5月生まれという、学年の中では月例が高いといっても、1学年上の子たちに
混じっての、レッスンはやはりそれなりに大変であり、ともかさん自身は
本当によく頑張ったと思います。
まあ、普段は練習嫌いのため、私に怒られてばかりで、余り直接ほめて
あげたことないんだけど・・・本当はちゃんっと認めてるってこと、本人に
伝えてあげた方が良いんでしょうね(^^;

次は、小学生と一緒のジュニア科に進もうかと思っていましたが、現担任が
難色を示したこともあり(学年にあったクラスで進学すべきという理由)
他のクラスで新しい先生、お友達の中にポンと入ってやっていける性格では
ないことから、個人レッスンを選択することにしました。

個人としてはピアノ個人の体験レッスンを受けてみたところ、その先生は
ともかさんの苦手なところとちゃんと出来ているところを理解してくれて
(たった30分なのに!!)今後の方針も明確にしてくれたので、この先生に
と思っていたのですが、土壇場でともかさんが「さおり先生(現担任)に
習いたい」と言い出しまして・・・。

現担任はエレクトーンが専門であること、ともかさんに対してはかなり
厳しい先生であったこと(他のお母さんも言っていたけど、まじめすぎて
子供たちの間違いや出来ないことを、おおらかに見守ることが出来ない感じで
やはり出来る子を中心に見てるような気がする)などがあり、私としては
この機会に別の先生にと思っていたんですが・・・

「さおり先生は、ともちゃんもわかっていると思うけど、厳しいよ。
 大丈夫?出来なかったら怒られると思うよ」

と、聞いてみたのですが

「ちゃんと出来たら、ほめてくれるから」

と言って本人は大丈夫だと・・・
まあ、内弁慶で相手と打ち解けるのに時間がかかるともかさんが、私から
してみたら怖いと思う先生でも頑張れるというのであるから、だったら
その先生にもう少し、歌、和音などを中心に個人でお願いできないかと
思い、相談してみました。(実際、歌は上手だと思うしね)

20日の夕方に個人の場合の体験へ。

「まだ幼稚園なので、ピアノ、エレクトーンと選ぶのではなくて、音楽
 全体を学んでもらいたい。
 弾くことはだいぶ出来るようになってきたけれど、和音も苦手だし、
 歌も声はだいぶ出るようになったけど、若干音程がずれている所もある。
 専門コースに進むと歌は無くなってしまうのが非常に残念」

という私の希望を先に伝えると、先生は
「私もともかちゃんが体験に来てくれるということで、1週間いろいろ
 考えたのですが、エレクトーンの教科書を見てみると、次に進むと
 エレクトーンの新しい勉強が出てきて、せっかく覚えた和音等が
 混乱するのではないかと心配。
 ピアノとの違いがあるので、どうすべきか考えたが、幼児科の
 教本を使って、もう少し深く練習をしたり歌ったり、和音を覚えたり
 グループだったら出来なくても何となく終わってしまっていたことを
 個人でしっかり身につけたらどうでしょうか。
 確かに歌は、専門に進んでしまうと全く終わりですよね」

と思うと提案され。
一応方向性は一致したので、今までの担任に、5月から個人レッスンで
みてもらうことに決まりました。

小学生に上がる頃、ピアノに変えたらいいかな〜と漠然と考えている。

いろいろ相談していた受付の方には「将来的にピアノの方に進むつもりで
あるのなら、今からピアノの個人に行ったほうが良いと思いますよ」と
言ってもらったんだけどね・・・本人の希望が一番だしね。。

ここ数ヶ月悩んでいた事が決まり、ちょっとすっきり。

まあ、個人になった分、ともかさんは試練が増えそうだけど頑張れ(笑)

土曜日の午前中が空いたから、他に何か習わせたいんだけど、本人は
ピアノだけでよいというご希望。
英語、バレエ(体がものすごく柔らかいから)、水泳等考えていたけれど
本人がやりたくなったらにしますかね。
posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

たいよう!


ともかさんが4月より進級し、保育園の最上級生になりました。
「たいよう組」です。

5年前の入園式で、最上級生の子達が
「これから、にゅうえんしきをはじめます!」
と、みんなで開会宣言をしてくれ、手作りのブローチをプレゼント
してくれました。
最上級生になるとこんなに大きくなって、しっかりするんだな〜と
思った日の事が、昨日の事のように思い出されますが、あの最上級生に
ともかさんがなったなんて・・・

そう考えただけで、感慨深く涙がこみ上げてきます。。
(すっかり親ばかで)

恒例の3月末の新担任では、親子揃って希望していた2年目、4年目と
隔年で担任してもらっていた、先生は残念ながら1つ下の学年の
担任になってしまい・・・。
(クラスの子供たちの大半がその先生が担任になるものと、なぜか
勝手に思い込んでいた様子。それだけ人気なんでしょうね)

決まった担任は3年目、4年目に担任だった先生と、もう1人は何と今年
新卒で入った先生だった!!
え〜新卒を卒園の年の学年にもってくるか?!と。。
本人の挨拶も「1年目で最上級生を担任するということで緊張しています」
だった。そうだよね。。
もう少しこの学年の子に思い入れのある、過去に担任だった事がある先生に
して欲しかったな〜。まあしょうがないけど。

ともかさんたちクラスの3回目の担任をしてもらう事になった先生は、
4年目の時に担任のリーダー的存在だった先生だけど、喧嘩の際とか、
子供同士の何かが起きたときの対応が、私は余り良くないと感じていて。
(ここでもたしか愚痴ったことを書いた気がする・・・)
いつも、もう1人の先生(今回担任だったら良いな〜と思っていた先生)に
相談したりしたんだけどね。。。

でも、それ以外はまあ悪くないと言うか、しっかりした先生だし、
全く初めての先生になってしまうよりは良かったと思うので。
何より、ともかさん自信は結構好きな先生だと思うので、そこが大事

昨年の担任2人のうちの1人、ともかさんが担任を希望していたら
本当に担任だった、先生は今年は何と初の0歳児クラスの担任に。
それでも、教室が近いことと、ご飯を一緒に食べる機会があるらしく
毎日のように今でもその先生の名前を聞きます(笑)
その話をお迎えの時にたまたま会ったので「今でも、先生の名前を毎日
聞くんですよ」と話したら「こっちも会うと嬉しくて、手を振っちゃったり
しちゃうんですよ〜」と言いながら、ともかさんをギュ―って抱きしめて
くれたりしてました。ともかさん、良い先生に巡り合えてよかったね。

もう1人の昨年担任の先生も、去年新卒で1年目の先生だったけど、3月の
最終日に挨拶をしたら「もう今から1年後の、この子達の卒園式を思うと
悲しくて仕方がないんですよー」と鬼も笑うような1年後の話をされた(笑)
でも、それだけ子供たちを可愛がってくれて本当にありがとうございますって
思いでいっぱいになりました。

今年担任の2人の先生も、1人はもう慣れた先生だし、なんたって6年間中
3年間担任を持ってくれるんだから、ともかさんたちへの思い入れは十分だし、
新任の先生は初めて担任する子達ってまた特別だと思うので、その2人の
先生と一緒に、保育園生活最後の1年間を、楽しく元気に過ごしてくれる事を
願うばかりです。

そんなこんなで、長いと思っていた保育園生活の最終学年がスタートしました。
posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。