2013年01月29日

1月のお弁当


今日は月に1回のお弁当の日でした。

昨日お迎えに行くと、先生が
「明日はどこでお弁当食べるんだっけ?」
と、ともかさんに聞くと、すっごく元気に
「森!!!」
と言う回答が。

森???トトロかよ!と、心の中で突っ込みを入れつつ
森って何だ??と思っていたら、保育園からバスで20分強の
所にある、氷取沢市民の森という、ものすごく大きな公園があり
そこに行くとのこと。

なるほどー森ね!
一般のバスに乗って、リュックにお弁当つめて行くとなったら
そりゃ〜張り切るよね(^^)
ちょっとした遠足のようなものだもんねぇ。

外に行くことは前日の夜に知らされましたが(笑)、お弁当は
今月はともかさんが最近はまっている、「ちびまる子ちゃん」に
しようと決めていたので、チャレンジ!

ネットで調べて写真を見ながらまさに工作(笑)
でも、どうも輪郭が上手くいかず、髪型も難しくって(ネットでは
下書きした紙を海苔の上に置いてから、切るようにと書いてあったけど
面倒だからそのままザクザク切った(笑))

意外と難しかった、まる子・・・

結局、普通の女の子って感じなり、まるちゃんよりともかさんに似てる(笑)

P1000860.JPG

○ご飯
 ・まるちゃん(のつもり)
   醤油を軽く振って、ちょっと色をつけてます

○おかず
 ・串かつ   2本
 ・ウインナー 1本と1/3
 ・卵焼き   2切れ
 ・プチトマト 1個
 ・ブロッコリー 少々

○デザート
 ・イチゴ   5個

昨日、帰ってきたともかさんに感想を聞いてみたら、楽しかったとのこと。
バスを降りて最初に歩いた道が、グチャグチャで滑ったーと言われ、ふと
足元を見たら、今週新しくおろしたばかりのアシックスの靴がドロドロに。。
靴下も真っ黒。しまった・・・朝、新しい靴を履いていかないように注意するのを
忘れた(泣)

それと、食事の時にお茶をこぼしてしまったらしく、ほとんど飲めなくて
帰りのバスに乗る前に同じクラスの子から少しだけ貰ったと。
「だから喉が渇いちゃったんだ〜」と寂しそうに報告されました。
そうだね。そんなにたくさん歩いたのに、お茶がないんじゃ乾くよね。
かわいそうに・・・と言うことで、来月からは前に使っていた水筒がまた出番の
ようです。
(蓋がコップになっているタイプ。こぼしても全部がこぼれる事はないもんね)

そうそう、1月の2週目に保育園の友達家族とスキーに行ってきました。
お友達と一緒に雪だるまを作ってすごく楽しかったみたい。



お友達は2つ上のお姉ちゃんの影響で、もうスクールに入ってちゃんとした
スキーを履いて滑っていて。
それを見たともかさん、だいぶ刺激を受けたようで次回からちゃんとした
スキーを履いて滑るらしいですよ〜。私も次回はスノボーをやめて、
何年ぶりかのスキーにして、ともかさんに教えてあげるとしようかな。
posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

僕らの時代


なかなか見る時間がないのに、とりあえず見たいドラマなどを
どんどん撮り溜めて、いい加減消さないとハードディスクがいっぱいで
撮れなくなってきたので、最近は時間が許す限り、とりあえず片っ端から
溜めていた過去のTV番組を見ています(笑)

そんな中、見たくて撮ったのに、ずっと見れずにいた番組を見ました。
それは時間がなくて見れなかったのではなくて、見るのが怖かった番組。
どういう内容になっているにしても、過去の自分の気持ちが戻ってきて
辛くなる事がわかっていたから。それでも見なくちゃいけないと
勝手に思っていた、不妊治療・高齢出産を取り上げた番組。

「僕らの時代」という日曜日の朝にやっている番組が、去年の6月に
ジャガー横田×野田聖子×向井亜紀 というキャストで放送された。

言わずとも知れた、全く違うタイプで子供を授かった方々。

ジャガー横田:子宮筋腫の切除手術を受けるなど不妊治療を行い、45歳で
        自然妊娠で長男を出産。50歳過ぎた今も兄弟を作るべく
        不妊治療継続中。(一度閉経したもののピルで復活)

野田 聖子 :前夫との間で不妊治療をするも授からず。
        再婚後、50歳の時に第3者からの卵子提供により、長男を
        授かり、出産。

向井 亜紀 :子宮頸がんによる子宮を全摘出手術を受けたため、
        代理出産で双子の子どもを授かる。

ジャガー横田さんと野田さんは自然妊娠、卵子提供による妊娠と全く
タイプは違いますが、超高齢出産。
向井さんは日本では認められていない代理出産。
賛否両党あるとは思いますが、いずにしても親になりたくてなりたくて
頑張った人たち。そして、番組を見て思ったのが、周りの人がなんと
言おうと、自分たちは自分たちと割り切れる強い人達だった。

30分番組だったから、思っていたより中途半端な感じで・・・
あれ?終わり??と、物足りなかったー。

一般の人との違いは「お金」ですね。
お金があるから50歳を過ぎても不妊治療を続けられるし
(その歳で子供が出来たら、将来かかる費用を考えると普通は
尻込みしますよね)、お金があるから50歳を過ぎて卵子提供で
出産も出来る(卵子提供など高度治療は費用がすごくかかる)、
お金があるから、海外で代理出産に挑戦できる。

なんだろう。ひがみですね。きっと(笑)
子供が欲しい気持ちは一緒なんだけど、でもさーーーと思って
しまったりするのは。
お金の心配をしないで済むことへのひがみですね。私の場合(笑)

子供を思う気持ちは一緒なんでしょうけど。。いろいろ難しいね。

ただ、ジャガー横田さんには激しく共感してしまいました。
一人産めただけでも幸せなんだけど、やはりその子の将来を考えると
やっぱり兄弟を作ってあげたいですよね。その気持ちはわかる・・・
それと、ご主人は医者だから、50歳過ぎても治療を続けるべきでは
ないということ、産むべきではないということをわかっているのに
何も言わずに治療に付き合ってくれると言っているのを聞いて、
本当に良い旦那さんに巡り合えたんだな〜と感じました。

もう少し深堀りした番組として見てみたい組み合わせだっただけに
ちょっとがっかり。
posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 不妊治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

習い事の悩み


今年の冬は寒いですねー。
先週の東京の大雪の日は、私は今年も成人式の着付けでした。

行く時は始発の電車なので、まだ雨だったんですよねー。
着付けをする途中からちょっと見える窓の外が、どんどん雪に
変わってきて…
いやー今年の成人式は気の毒でした。
でも、関東って成人式と受験の日は雪が降りがちですよね〜。
普段は降らないのに狙ったように(笑)

ところで、今悩んでいることがあるんですよね。
ともかさんのヤマハ音楽教室のこと。

今の初等科は4月いっぱいで、5月から進級して新しいクラスに
なるんですよね。普通ならそのまま持ち上がりって感じになる
わけです。でも、ともかさんは飛び級で1つ上の学年のクラスに
入っているので、ともかさん以外の子供たちは4月から1年生。

とはいえ、1学年違うのは今までと一緒だし、それを承知で今まで
頑張ってきたので、当然そのまま一緒に進級できるものと思って
いたんですよ。同じ教室に通う上級生の親御さんからも
「うちの学年にも一つ下の学年の子が混じっているけど、
 特別遅れているということもなく、普通に混じって
 頑張ってるよ」
と聞いていたし、12月に先生から簡単に来年度のクラスの話が
あった時も、来年から習う事になった子と、今まで続けてきた子が
一緒のクラスになることはなく、初等科を受けた子はその子達で
ひとクラスになります。と説明を受けていました。
だから、ともかさんもそのまま昇級と思っていたんですよね。

が、先々週の土曜日のお稽古をスキーに行くのにお休みをしたら、
その日に来年度のクラスについて話があったらしく、
宿題を連絡してきた葉書に
「今日、来年度のクラスのことについて説明をさせて貰いました。
 ともかちゃんは年齢の事がありますので相談させてください」
と書いてありまして…

先週の土曜日の帰り際に先生から
「どうしましょう。みんな1年生になるから、当然5月からの
 クラスは1年生向けになります。
 自分で書き込んだりすることも増えますし、親御さんが一緒に
 入らなくなります。ともかちゃんはまだ小学生じゃないので。
 まれに一つ下の学年の子がそのまま上がる事もありますが…」
と言われました。

他の親御さんから、一つ下の学年でも頑張れている話を聞いているので
そのまま進級しようと考えいると伝えると、すごい勢いで
「他の親御さんからは普通に見えても、本人は相当努力をしていると
 思います。ともかちゃんが出来ていないとかそういう話ではなくて
 小学生になると急に成長してくるので、その差は結構大きくて
 かなりの努力が必要になると思います」
と、あからさまに「そのままのクラスで進級」という私の意見を
否定されたんだよね。。。

じゃあ、どういう選択肢があるのかと聞くと
「一つは来年度は個人レッスンに移行して、1年待って自分の学年の
 グループレッスンに入る。又は、個人レッスンをそのまま選ぶ。
 1年間何もしないで、来年度グループレッスンにという選択肢は
 ないと思いますが」
ということでした。
2月に面談があるらしいので、その時に詳しく話すと言うことで
とりあえず考えると言って帰ってきましたが…
(次のクラスの子が待っていたので、こっちも詳しく聞けなくて)

3年間今のクラスで一緒にやってきたのに、今になって歳がとか
言われても、???って感じです。
そりゃね、明らかにともかさんがみんなから遅れを取っていて
このまま続けるのは厳しいなという状況であれば納得しますよ。
でも、今のところ普通についていけているし、曲を発表する時も
それなりに見劣りすることなく弾けているわけで。
かなーり納得行かないんだよね〜。

「もし付いていけなくなった場合も、グループレッスンですから
 他の子が出来ていれば、その曲は終わりになってしまいますし」
と先生に言われたんだけど(短い間で結構喋ったかも(笑))
「それって今もですよね。発表の時に上手に弾ける子もいるし
 ちょっとって子もいますよね。それでも終わりって言うのは
 今と一緒じゃないですか?」
と言ってしまったら
「まあ、そうですが…」
という返事で。ともかさんはこの曲はこの発表で終わりという時に
弾けないなんて事は今まで一度もなかったし、それなりに仕上げて
来たのに、まるで付いていけてないって感じじゃないか!!

先生との話が終わって出てきたら、ちょうどその知り合いの親子が
いたから、先生から言われたことを話して相談してみると
「1年生になったからすぐに親はなしということではなくて、徐々に
 だったし、この子達のクラスだってみんなICレコーダーを入れて
 後から親が聞いてフォローしてるよ〜。
 一つ下だって今まで出来てきたんだから、絶対に大丈夫だと思うよ・
 ただ、ともちゃんの担任の先生は厳しそうだよね」
と言われ。娘さん(現2年生)も「みんなと一緒だよ。大丈夫だよ」と。
まあ、そのクラスの一つ下の子が出来る子なのかもしれませんし、
先生が言うとおりすごく努力をしているのかもしれない。
ともかさんがどうなのかなんてやってみないとわからないのに…

「普通に進級してみて付いていけないようだったら考えようと
思いますが」という私の発言にも否定的だった先生の本心を知りたい…

ともかさんだと無理だということであれば、考えるのだけど
「ともちゃんが出来ないという訳じゃないんですよ。一般的には」
と言われると…。でも遠まわしに個人否定さてるんだろうな〜とも思い。。

どうしようかな。。
ともかさんに聞いてみたら「どっちでもいい!ママが良い方で良いよ」
と言う返事が返ってきて。。。
その後、「みんなではもうやらない!」とも言われたので、いずれは
個人レッスンにするつもりでいたので、まだ早いけどそうするか。
はたまた、先生の忠告は無視して、このまま進級してみるか。
進級して途中でダメだったらやめてもいい訳だしね。

個人レッスンはグループレッスンで見てもらっている先生以外の人に
お願いしようとは思っているんですけどね。。

あーーどうしたら良いのかしら。
私自身は小学校1年生から習っていたけど、最初から個人レッスンだったし。

でも、グループレッスンなら歌もあるしリズム感を養うには良さそうなのよね。
3年生くらいまではグループレッスンで、高学年になったら個人で…と思って
いたんだけど。。

あーどうしたら良いんでしょうねぇ。。
posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

後輩


今日、会社の後輩のお母さんから、お手紙を頂きました。

今年私が送った年賀状のお礼の後に、

「実はご連絡出来なくて、苦しんでおりました。それは今も変わらず・・・
 娘も頑張っておりましたが、昨春、桜の開花も見ずに3月29日に
 天国へ旅立ちました」

と・・・。
入退院を繰り返していたのは知っていました。
でも、もう長い間そういう状況だったので、そんなに具合が悪いとは
知らず。。
「もえさんには在職中からお世話になり、本当にありがとうございました。
 娘も、もえさんにさぞ会いたかっただろうと思います」
と書かれたお母さんのお手紙を読みながら、涙が止まりませんでした。


1つ下で、同じ部署に配属になってきた彼女は、1言えば10返ってくる
ような減らず口の多い、でも面白くて憎めない子で、「もえさん もえさん」
と慕ってくれて、若い頃はプライベートでも一緒にスキーに行ったり、
私達の同期に一人だけ混じって旅行に行ったり、主人の仲間のバーベキューに
誘ったりと仲良くしていた子でした。

入社3〜4年目に付き合って3ヶ月くらいの同期の彼が、なんと
彼女と仲の良いこれまた同期の子に乗り換えて・・・
それでかなり人間不信に陥り、おまけに上司とも上手くいかなくなり、
大勢いる前で、上司と大声で言い合いになったりして。。。

そこから彼女はどんどん痩せていき、身長は160cm位あるのに
体重は30kg台だったと思います。足なんて私の腕より細いんじゃ
ないかというくらいになってしまって。

部署を異動して、周りの人たちとも上手く打ち解けて、良い感じに
なっていると思っていたんですが、やはり一度悪くなってしまった体調は
そう簡単に戻ることはなく。
また、元々口が達者な子だったので、体調が悪くても言うことは言うって
感じで、おじさん達の中には、彼女を良く思っていない人もいたかも
しれません。そういういストレスも重なり、会社を休職することに。

自分が休んでいる間に、変わりに派遣さんが入ったと噂で聞けば
自分が帰るところが無くなるのではないかと心配して、どうなのかと
私に相談の電話が来たり、体調が悪いので多少情緒不安定な電話を
よく貰い、帰宅後の夜や、時には日中の仕事中にかかってきた電話に
1〜2時間付き合ったりもしていました。

休んでは復帰して、1〜2ヶ月でまた休んで…それを繰り返して
結局体力的にも戻ることは出来ず、退職したのは10年位前だったと
思います。
その後も、毎年私の誕生日にはプレゼントを贈ってくれたりして
年賀状と合わせて年に数回交流がありました。

彼女と最後に会ったのは、たぶん6年位前、主人の祖母が入院して
お見舞いに行った際に、病棟で彼女とバッタリ!
主人の地元と彼女は同じ市内に住んでいたので、大きな病院といえば
一緒だったんですよね。彼女もそこに入院していました。

主人とも面識があったので、そのまま彼女の病室にお邪魔して
しばらく話をしたんだけど、明るく「貧血がひどくて輸血してるんです」
とか「子供の頃の病気が再発して、それが悪化しちゃって」などど
話してくれたんだけど、更にやせ細った彼女は手も骨と皮だけって
感じになっていて、「病気のせいで抜けちゃって」と気にしていた口元は、
残っている方が少ないんじゃない?と思ってしまうくらいに、歯が
抜けてすっかり病人になってしまっていました。

そんな病人の姿を見せたくなかったのか、その後何度か会おうという
話になってもはぐらかされ。こっちも悪いかな…と思って、強引に
誘うことも出来ず。。それっきりになってしまいました。

もう会えなくなるならば、一度くらい無理にでも彼女を訪ねて会いに
行けば良かった。

昨年の10月、誕生日プレゼントが届かなかったのも、今年の年賀状が
来なかったのも、体調が悪いのかな位にしか思っていなかった。
ごめんね。。。
20代半ばからずっと病気との闘いで、辛かったでしょうね。
でも、40歳なんてまだ死ぬには若すぎるよ。

お母さんのお手紙に、まだ気持ちの整理が付いていないようなことが
書かれていたので、ご迷惑にならないように一周忌辺りに、お線香を
あげに、彼女に会いに行ってこようと思います。

ご冥福をお祈りいたします。
posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

卒寿


あけましておめでとうございます。

仕事が今日から始まりましたが、もうすっかり正月ボケで
夕方には疲れて頭が痛くなるという(笑)
こんなボケボケですが、今年もよろしくお付き合いください(^^)

今年のお正月は旦那が大晦日から元旦にかけて仕事だった事もあり
9連休だったにも関わらず、実家周りと近所への買い物で終わりました。。
そんな中、親戚と会う機会があった、元旦、3日、4日はともかさんは
1日中着物を着て過ごすという、女子ぶりを発揮してます(笑)
外に行くときは寒いからコートとか羽織ったら?と言っても
「可愛くなくなるから」という理由でコートを拒否。
何とかマフラーだけはさせたんだけど、寒さより見た目重視って
ショップ店員ですか?!と突っ込みたくなります。。

さて、4日は父方の祖母の卒寿のお祝いでした。
昨年の10月に90歳になっていたんですが、なかなかみんなが集まれる
日がなくて、ようやくお食事会を開けまして。

「もうあまり食べれないんだよ」と言う祖母も、みんなで食べる食事は
やはり美味しいのか、いつも以上に食べてくれて、お祝いが出来て良かったな
と改めて思ったりしました。

90歳の祖母は一軒家で一人暮らしをしています。
元々身体が弱く、若い頃から病院通いが欠かせなかった祖母ですが
だからこそ悪いところを早く発見出来たり、院長先生に良くしてもらって
無理な注射なども打ってもらえたり(痛み止め)して、長生きが出来て
いるのかあな〜と思います。

父は男2人兄弟で、長男の父は祖母の介護などには全く興味がなく。
叔父は父よりはマメで叔父の伝手でホームケア等をしてもらたりしては
いるようですが、2人とも同居の意思は全くなし。
祖母も通院があるから、いまさら土地を離れることも出来なくて。
週3回の通院も長い距離は歩けないからと、タクシーで通っている状況です。
買い物はヘルパーさんに頼むか、病院の帰りにタクシーでコンビニに寄って
貰って何とかこなしている現状。

私の家からは車で1時間の距離なので、なるべく会いに行ってあげようと
思ってはいるものの、やはり私もバタバタで2ヶ月に1回行くのがやっと。
息子2人は大体月に1回は会いに行っているようですが。。

でも、やっぱり寂しいですよね。

「去年は何とか乗り切ったけど、最近胃の調子も悪いし、もうあと半年
 位何じゃないかと思うんだよ」

などと正月から寂しいことを言う祖母。
初孫で4歳まで一緒に住んでいたこともあって、4人いる孫の中でも
私は溺愛されて育ちました。
「可愛い孫の子供だからやっぱりお前が一番可愛いよ」と6人いる ひ孫の
中でも、ともかさんは特別な存在の様子。
母とは上手くいかなくて、いつも口うるさい姑だったようですが、
私としてはやはり長生きしてもらいたい。

「何言ってるの!今年はともちゃんのランドセル買ってくれるんでしょ?
 頑張って長生きしてもらわないと」

と発破をかけてきましたが、今年はいつも以上に多くの回数、小さくなって
しまった祖母に会いに行きたいなと思っています。

なんか湿ったらしくなりましたが、とにかくおばあちゃん、90歳おめでとう!
posted by もえ at 23:45| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 旦那さま(家族) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。